偏頭痛はいつどんな時になるのか?自分の偏頭痛を知って予防しよう! 女性 42歳 Y.Y.さん

私と娘は偏頭痛に悩まされています。

病院でも言われましたが偏頭痛はなかなか完治しない病気なので自分なりに付き合っていかなければいけないものです。

なので自分の偏頭痛を知り、なるべく予防する方法があるなら実践したいと思っています。

大人になってから偏頭痛との付き合いが始まりました

私は大人になって働き始めたころから偏頭痛に悩まされるようになりました。それまでは年に一回頭痛があるかないかという偏頭痛とは無縁の生活でしたが、就職と言う環境の変化のせいかわかりませんが月1回以上は偏頭痛に悩まされるようになってしまいました。

偏頭痛はいつも決まった状態、時間帯なのです!

私がよく偏頭痛なるのはだいたい決まっていました。気圧が下がっているとき、身体が疲れているとき、目を長時間使った仕事をしたとき、長時間昼寝をしたときによく偏頭痛になっていました。

午前中よりは午後から夜にかけての方が偏頭痛によくなります。偏頭痛の頻度は少ない時は月1回位で、多いときは月2、3回なります。半日で治るときもあれば、ひどいときは2、3日ずっと偏頭痛が治らないときもあります。

偏頭痛になってしまったらこれをします!

軽い偏頭痛を感じたらまず熱さまシートをおでこに張って頭を冷やして横になるようにしています。それでもだんだん痛みが強くなってきそうなときは、市販の頭痛薬や病院でもらった偏頭痛薬を飲みます。

先日病院で診察してもらったときは偏頭痛を少しでも感じたら薬をすぐに飲むよう教えていただきました。なのでそれからは偏頭痛を感じたらすぐに薬を飲むよう心掛けています。

薬を飲んでも効果がないときは、活法へ行き頭のマッサージをしてもらいます。これをしてもらうと偏頭痛が和らぎ、楽になります。

偏頭痛にならないために日頃から心掛けていること!

なかなか偏頭痛の確実な予防手段はないのですが、視神経からくる偏頭痛に対しては目を酷使しないようにしています。

パソコンやスマホを長時間見続けないようにしたり、目によい緑色のものをみたりしてなるべく目を休ませるようにしています。以前は帰宅後や休日などは何時間もスマホをしていたのですが、それをやめるようにしました。

後は、疲れたときは早めに就寝したり、適度な運動をしたり、夜更かしなどせず規則正しい生活をするよう心掛けています。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ