偏頭痛が来るタイミングがわかれば予防できる! 33歳 T.N.さん

現代女性の多くがわずらっているという偏頭痛。

高熱がでるわけでもないので、お仕事や学校をお休みするほどではなくても、痛みのピークは本当につらいものです。

いつごろから偏頭痛になったか?

私が偏頭痛になったのは就職をして働き始めてからです。年齢でいうと22歳くらいです。生理前に頭がボーっとするなと感じたところから突然始まりました。左のこめかみと目の奥あたりがずきずきと痛みました。

どういう時に偏頭痛がでるか?

偏頭痛が出やすいのは、生理1、2日前と排卵日です。これらは基礎体温や生理周期のメモをとっておくとある程度予想することができます。

また、低気圧が近づいてきているときなどは体が反応するのか偏頭痛がおきやすくなります。それから、コーヒーなどを飲んでいないとカフェイン不足に陥り頭痛がでてきます。

偏頭痛になった時の対処法は?

痛みが出てしまった場合はすぐに鎮痛剤を飲むようにしています。時間がたってから飲むと効きが悪く、しばらく苦しまなければいけないからです。

また、アイスノンなどを首のうしろとこめかみにあててしばらく横になります。こうすることで痛みがひき、2時間ほどで痛みから解放されます。

事前の予防策は?

カフェイン摂取量が少ないと、頭が痛くなってしまうことが多いので、毎日適量のカフェインを摂取するようにしています。また、睡眠不足が続くと偏頭痛の症状が重くなることが多いのでできるだけ睡眠を多めにとるようにしています。

そして、出先でいつ偏頭痛の症状がでてもすぐに痛みを和らげることができるように、鎮痛剤の薬とアイスノンは常に常備するようにしています。少しでも痛みや違和感を感じたらすぐに鎮痛剤をのむようにしています。

リラックスで偏頭痛を防ぐ

偏頭痛はストレスや疲れがたまっているときにも出やすいので、リラックスできる空間や時間を作るように心がけています。

アロマテラピーで香りに癒されたり、ヨガでリラックスできる呼吸法をみにつけたり、好きな音楽をきいてリフレッシュしたりと、いろいろな方面からアプローチして体をリラックスさせるようにしています。こうすることで疲れやストレスがたまりにくくなります。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ