偏頭痛は痛みだけでなく吐き気もある?辛い時はどうすればいいのか?

偏頭痛は本当に辛いものです。何をしていてもズキズキとうずきますし、じっとしているのもしんどいという人も多いでしょう。

また中には吐き気を伴う場合もあります。痛みだけでなく吐き気もとなると、かなり辛いのではないでしょうか。

痛いだけではない?吐き気を伴う事も

偏頭痛というと頭の片方だけが痛いというイメージがありますが、それだけではありません。頭が痛いという症状の他に吐き気を伴う人もいます。これは想像しただけでもかなり辛い状況ではないでしょうか。

偏頭痛の痛みは脈打つように痛みが断続的に続きます。何をしていても痛みはついてまわりますから、それだけでもしんどいと感じるでしょう。ただ人によってはそこに吐き気がプラスされてしまいますから大変です。

人にもよりますが、痛みよりも吐き気のほうが辛いと感じる人もいるのではないでしょうか。痛みは我慢すればなんとか乗り切れますが、吐き気はそれとはまた少し違います。乗り物酔いなどの時もそうですが、吐き気との戦いはかなりしんどいでしょう。

何故吐き気が起こるのか?炎症性物質のせいかも

まだはっきりとはわかっていませんが、偏頭痛での頭痛や吐き気の原因として考えられているものの1つに三叉神経から分泌される炎症性物質があります。

何らかの原因で脳からセロトニンが大量に分泌されますが、それにより一時的に血管の収縮がおこります。

ただその収縮が終わり拡張に転じた時、三叉神経から頭痛や吐き気につながる炎症物質がつくられてしまいます。そしてその炎症物質は血管にも悪い影響を与え、頭痛や吐き気の症状がでてくるという事のようです。

吐き気で何も食べられない!水分補給はしっかり

痛みと違い吐き気はとても辛い症状です。中には食欲もなくなり何も食べられない人もいるでしょう。ただだからといって何も口にしないのはよくありません。ひどい人の場合は脱水症状をひきおこす場合もありますので注意しましょう。

水分補給はしっかりと行い、痛みや吐き気がおさまるまで様子をみます。コーヒーなどのカフェインを摂取するのもいいようですから、ゆっくりとお茶を飲みながら過ごしてみるのもいいでしょう。またチョコレートやワインなどはあまりよくありませんので少し我慢しましょう。

1人で我慢しないで!辛い時は受診すること

偏頭痛の吐き気と思っていても中にはもっと他の病気が隠れている場合もあります。あまり我慢しすぎるのもよくないでしょう。日常生活に支障がでたり、吐き気がひどい場合は病院で受診した方がいいでしょう。

最近は市販の薬もたくさん売られていますが、それだけでおさまらない場合もあります。勝手に判断するのも少し心配ですし、偏頭痛だと思っても1度は受診をしておいた方が安心でしょう。

自分にあった薬を処方してもらえますし、検査などをすればより詳しく今の状態がわかるかもしれません。1人で我慢しないで辛い時は受診するようにしましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ