偏頭痛は本当に嫌!熱さまシートで額を冷やし対処法にしてます 34歳 T.H.さん

偏頭痛とは、本当に嫌なものです。

20代後半くらいから偏頭痛になるようになりました。20代前半までは、頭痛とはほぼ無縁の状態でした。

20代後半で出産などを経て環境が変わり、体質も変わったかと思います。

どういうときに偏頭痛が起こるか?

悩み事や日々の生活の中でのストレスが溜まった時、睡眠不足の時、目を使いすぎた時です。あと、最近気づいた原因としては、水分不足もあると思います。

特に目を使いすぎた時は、目の周りが重くなり、次の日には後頭部のあたりで強い偏頭痛が起こります。

なので、目を使いすぎた時は、目を温めたり、アイマスクをしたりして、筋肉をほぐすようにしています。

偏頭痛になったときの対処法

まず、少しでも痛いなと感じたら、市販の頭痛薬を飲みます。まだ軽い症状なら、飲んで1時間もすると治ることが多いです。

ですが、症状が出て時間が経ってから頭痛薬を飲んでも、治らないことが多いです。市販薬以外では、病院で処方される薬がよく効きます。

あとは、お風呂に入って、肩や首に温かいシャワーをして筋肉をほぐすと、多少マシになることがあります。

寝たくなりますが、横になってしまうと、起き上がる時にひどくズキンズキンと痛むのであまり横にならないようにしています。

額を冷やすと治る?

最近見つけた方法ですが、額を冷やすとスーっと治ることが多いことに気づきました

偏頭痛が起きている時に熱さまシートを額に貼ると、とても気持ちよく感じられます。頭に熱がこもっているのかもしれません。熱さまシートを貼ると、30分くらいで痛みが治まりました。

いずれにしても、偏頭痛になったら早く薬を飲むなどの対処をしないと、痛みが長引くことになります。外出先でも、頭痛薬は常に持ち歩いています。

事前にしている予防策

まず、目を使いすぎないことです。目を使いすぎたなと思ったら、アイマスクなどをしてほぐすようにしています。

あとは、睡眠不足にならないように気をつけています。少しでも痛みを感じたら、すぐに頭痛薬を飲むようにしています。

ボルタレンが効く

病院でもらった鎮痛剤、特にボルタレンが、すぐによく効きました。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ