【図解付】偏頭痛に悩む人必見!偏頭痛が良くなるツボは?

人間の体の至るところにツボがあります。そのツボを刺激することで体の不調などを軽減していくわけですが、偏頭痛にもいいツボも存在します。

百会(ひゃくえ)


まず最初に挙げられるのが、百会(ひゃくえ)です。百会は頭のてっぺんにあるツボのことです。両耳と鼻筋をたどって交差した部分、少しくぼんだ部分が百会です。

百会はストレス、眠気覚まし、自律神経失調などに効果があるすぐれたツボです。時には作業の手を止めて、軽くマッサージしてみましょう。

また、後頭部の生え際(うなじ)にある風池(ふうち)も頭痛には最適です。

太陽


次に太陽も偏頭痛にいいツボとして知られています。太陽は目尻の外側、こめかみ辺りにあるツボです。

こめかみよりやや目尻に近い部分にありますが、よく分からない人はアゴを動かしてこめかみの位置を確認し、少し目尻側に寄せて刺激するといいでしょう。

太陽は目にいいツボとして知られていますが、三叉神経痛、偏頭痛にいいツボでもあります。偏頭痛で痛くなる部分に近いツボなので、刺激して満足感もあります。刺激の仕方は指の腹を使い、軽く円を描くようにすると上手くいきます。

列欠(れっけつ)


列欠(れっけつ)というツボもあります。列欠は手の親指の付け根に人指し指、中指、薬指の3本を添えて丁度3本目の指が触れる部分のくぼんだ部分にあります。

偏頭痛以外にもめまい、顔面神経痛、顔のむくみも取る効果があります。列欠が見つかったら指でギュッと圧迫しましょう。これなら仕事しながらでもできますね。

まとめ

ツボ刺激は薬も無いも無い時にサッとできるのがメリットですが、自分で行う場合には注意が必要です。

爪を立てたり、硬いもので強く刺激したりしないようにしましょう。あくまでも優しくマッサージするのがベストです。

また、症状が重いときは自分でツボを刺激するだけではなく、マッサージにもいかない方がいいです。ツボの刺激が逆効果になり、痛みが悪化することもあるからです。

吐き気をもよおすほど辛いときにはまず休息が必要で、ツボ刺激は控えておきましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ