偏頭痛の対処は睡眠が一番!

偏頭痛の対処の仕方は色々とありますが、可能なら睡眠を取るのもいい方法です。

発作が起きた時の状況によっては難しいですが、可能なら寝て休息を取ってみましょう。

休息が大切

まず偏頭痛にとって大事なのは、体を休ませること。偏頭痛は体を動かすと痛みが倍増することもあります。そんなときには一切体を動かさず、休息を最優先する対処をしましょう。

その時に大事なのは、音と光を極力遮断することです。音と光は偏頭痛の症状を悪化させてしまいます。

寝るのが昼間の時間帯であればカーテンを閉め、耳栓をして寝るのもいいでしょう。カーテンは遮光性のあるものがいいですがどうしても光が漏れてくるなら、アイマスクを使うのもいい方法です。静かで暗い部屋で休めば、痛みも楽になります。

ただし、寝すぎると今度は逆効果になってしまうので、昼寝であれば30分、1時間と時間を決めて寝るのがいいでしょう。

寝る前にスマホは寝つきを悪くする

偏頭痛が起きやすい人は、睡眠不足や睡眠の質が悪い人が多いです。特に最近多いのが、寝る直前までスマートフォンをいじってしまうような行為です。

スマートフォンの画面からは青色光といって、目を覚ましてしまう刺激があります。パソコンの液晶画面も同じですね。寝るまでのつもりでスマホやタブレットを触っていたら、目が冴えてしまって朝まで起きてしまったということだってあり得ます。

質のいい睡眠を取るためには、寝る前に脳や目の興奮を抑えなくてはいけません。だから寝る1時間前まではスマホなどの機器を触らないように対処するのがベストです。

儀式で寝つきをしやすく

また、「これから休息する」という寝る前の儀式を行うことも、質のいい睡眠を取るための対処法としては有効と言われています。

例えばパジャマに着替える、部屋を真っ暗にする、カーテンを閉める、瞑想をする、携帯電話の電源を切ると言った方法があります。これから寝るんだという意識を持ってメリハリを付けるだけでも、質のよい睡眠作りに役だって偏頭痛軽減にも繋がります。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ