偏頭痛に「いい食べ物」と「よくない食べ物」は何か?

偏頭痛は生活習慣も影響してきますが、やはり食べ物の中でもいいものと悪いものがあります。

偏頭痛によくない食べ物は?

偏頭痛を引き起こす食べ物、そして飲み物は、アルコール類やチーズ、ピーナッツ、中華料理などが挙げられます。

アルコールは血管を炎症させてしまいますが、その中でも特にダメなのが赤ワインです。赤ワインは抗酸化物質が含まれていることで健康にもいいと人気があるものの、ポリフェノールが偏頭痛の症状を悪化させてしまいます

また、チーズやピーナッツ、中華料理などは油分が悪影響を及ぼします。適量食べるにはいいですが、症状があるときにはやはり控えた方が無難です。

他にも人口甘味料やインスタント食品、柑橘類も良くありません。コーヒーは適量なら軽い偏頭痛を抑えるのに効果がありますが、飲み過ぎると頭痛を引き起こします。

偏頭痛に良い食べ物は?

偏頭痛に特にいい食べ物はそれほど種類は多くないですが、マグネシウムが豊富に含まれているものがいいとされています。例えば大豆や海草類、アーモンド、ごまなどが挙げられますね。

実はインスタントコーヒーにもマグネシウムは含まれています。納豆やヒジキは特に意識して食べたい食材です。

しかし女性の場合は、納豆や豆乳などの大豆製品の摂取の仕方で、頭痛が悪化するタイミングがあります。大豆にはイソフラボンという女性ホルモンのような働きをする成分が含まれていますが、生理のときに摂取し過ぎるとホルモンバランスが崩れて、生理痛やPMSの症状が悪化する人もいます。

もちろん女性の体にはとてもいい食材なので、摂取するなら生理中は避けて摂取するといいです。油分は偏頭痛によくないと言われていますが、やはり適量は摂取したいものです。チーズもカルシウムが豊富なので、適量なら摂取してもいいでしょう。

大事なのは栄養のバランスなので、普段は特に善し悪しは気にせず、色々な食べ物をまんべんなく摂取するのが大事です。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ