我慢しない!頑固な偏頭痛の治し方は?

偏頭痛は遺伝だから治らない、発作が起きたら我慢するしかないと諦めていませんか?確かに治すのは大変ですが、決して不可能ではありません。

では頑固な偏頭痛の治し方は、どのようにしたらいいのでしょうか?

偏頭痛を誘発するものを避ける

偏頭痛と思っていたら他の病気が隠れていた・・なんてこともあり得ますので、やはり脳内を一度調べてもらうのが一番です。その時に診察してもらうのは一般内科ではなく、脳神経外科、神経内科、頭痛外来を選びましょう。脳のメカニズムに詳しい診療科の方が、治し方も得意です。

偏頭痛に悩まされている人は、できるだけ誘発因子を遠ざけましょう。

  • アルコール(特に赤ワイン)の摂取
  • 不規則な睡眠
  • まぶしい光、騒がしい場所
  • 湯船に浸かる

睡眠は体を健やかに保つために最も重要なものです。偏頭痛に関係する事柄で、寝すぎても不足してもよくないです。少しでも質のいい睡眠を取るために夕方以降のカフェイン摂取はさけ、夕食もお風呂も早めに済ませるようにしましょう。

また、症状が起きてしまってからは熱いお湯に浸かるのも良くないです。症状が無いときならいいですが、偏頭痛が辛いときにはシャワーで済ませましょう。

事前準備が出来るなら

偏頭痛が起きやすいものを取り除くのも大切ですが、すべてが避けられるものではありません。例えば女性であれば生理のときに起きやすくなります。そのようなことが予測されるなら、前もって休暇を取っておくか薬を用意しておくといいです。

思い込みはなんでもよくありません。例えば自分は男性だから偏頭痛じゃないという思い込みも、誤った対処法に導いてしまいますね。思い込みを取っ払って客観的に自分の頭痛を観察することで、どんなときになりやすいのかどのようなリズムで起こるのかが分かってきます。

客観的に自分の頭痛の特徴を知ることは、病院に掛かるときにも役立ちます。具体的に痛みの感じ方を説明できれば、より早く原因が特定され、治し方も分かりやすくなりますね。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ