偏頭痛と肩こりには関係があるのか?

偏頭痛で悩まされている人の多くは、頑固な肩こりに悩まされている人が多いですね。

しかも頭痛が起きる時に決まって肩こりも酷くなるということもあります。

偏頭痛と肩こりには、一体何か関係があるのでしょうか?

肩こりは三叉神経痛?

三叉神経は脳神経のひとつで、脳だけではなく首や肩にまで及びます。この三叉神経は、実は偏頭痛に関係しているのではないかと考えられています。そのため偏頭痛が起きると三叉神経が張り巡らされている肩も連動し、痛くなるというわけです。

また、偏頭痛や肩こりというよりも、三叉神経痛そのものの可能性もあります。よくある肩こりは血行不良が原因なのでお風呂に入ったりストレッチをしたりして軽減されますが、三叉神経痛はよくなりません。

三叉神経痛の場合は目の周辺が痛くなるのも特徴的です。

緊張性頭痛も疑ってみて!

頭痛の原因や種類は一つではありません。偏頭痛だと思っていても、実は他の頭痛も併発していることが多いのです。

肩こりがある頭痛といえば、緊張性頭痛です。実は頭痛の7割から8割が緊張性頭痛と言われています。痛みはズキズキ、ガンガンとやや鈍く、1日中どんよりと頭が重いのが特徴です。首や肩、そして頭全体が痛くなります。

この原因は運動不足、パソコンの使いすぎ、座り仕事が多いなどです。お風呂にゆったりと浸かったり、軽い運動をしたりすることで楽になります。

偏頭痛とは異なる対処法ですね。偏頭痛と緊張性頭痛では対処法が違うのでどうしたらいいのか分からなくなります。でも偏頭痛の痛みは波があることが特徴です。まったく偏頭痛の症状がないときに、緊張性頭痛の対処法を試すと楽になります。

偏頭痛が起きていない時は快適な1日を過ごせて、痛みのことなんか忘れてしまいます。しかし、なんでもない日こそ生活習慣を気を付けることで、偏頭痛や肩こり対策をしたいものです。慢性の肩こりを持っている人は、頭痛の発作がないときにこそマッサージや軽い運動をしてコリをほぐしましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ