偏頭痛で吐き気が起きたらどうする?

偏頭痛の症状のひとつに、吐き気があります。

症状の出方は人それぞれですが、吐き気までもよおす人はかなり重症といえます。

気分が悪くなった時の対処法などを見てみましょう。

横になって安静にする

偏頭痛の強さに伴って最初はムカムカ程度だったのが、本格的な吐き気になってもっとひどければ本当に吐いてしまいます。

ここまできたら、できるだけ横になって安静にするのが一番です。

そのときには水分もしっかりと摂っておきましょう。痛みを押さえれば吐き気もでないですが、既に症状が悪化しまってから飲んでも遅く、効果も望めません。

それどころか鎮痛剤によって余計吐き気が悪化してしまう恐れもあります。できれば痛みの初期段階、吐き気が起こる前に飲むようにしましょう。

また、鎮痛剤は空腹で飲んでしまうと胃を荒れさせてしまいます。ムカムカするときにはなにも口にしたくないでしょうが、薬を飲む前には軽いものでいいので、食べておきましょう。

頭痛も吐き気も同じ脳の反応

腐敗したものを食べた時や胃腸に疾患があるときに吐き気をもよおすのは、何となく分かりますよね。でも頭痛は胃腸が荒れているわけではありません。

胃腸と離れている頭で痛みがあるのに、吐き気が起きるのは不思議ですね。

実は吐き気をもよおす嘔吐中枢は、延髄(首と後頭部の境目)辺りにあります。頭痛が起こると近くにある嘔吐中枢も刺激されるため、吐き気を引き起こすといわれています。

吐き気・嘔吐を伴う偏頭痛はとても辛いもので、我慢すればいいというものでもありません。辛い時に市販薬で急場をしのぐのはいいですが、他の対策を一切取らないのはいけないことです。

困ったことに一度も病院で調べてもらったことがない、という人もいるのではないでしょうか?

大事なのはやはり病院にちゃんとかかって診てもらうのが大切ですが、自分でもどのようなタイミングで偏頭痛の発作が起こるのか、客観的に観察してみましょう。

そうすれば早めに薬を飲んだり休息したりと、うまく対処できるようになります。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ