偏頭痛とは全く別物?緊張型頭痛を知って上手に対処して!

ひとくちに「頭痛」と言ってもいろいろな種類がありますが、その中でも偏頭痛と並んで一般的なのが緊張型頭痛。偏頭痛との違いをよく理解しておらず、間違った対処法を知らず知らず行っていて痛みをひどくしているケースも少なくありません。

ここでは、緊張型頭痛の概要について、偏頭痛との違いをはっきりさせながら説明します。

締め付けられような痛み!緊張型頭痛の特徴とは?

偏頭痛がズキズキと脈拍とともにうずくような痛みであるのに対し、緊張型頭痛の痛みの特徴は頭を締め付けられたような圧迫感や重い痛みにあります。

肩や首がこったり、目の周りにも痛みを感じるのも特徴です。しかも、偏頭痛が一時的な症状であるのに対し、緊張型頭痛は毎日、あるいは月の半分位など、慢性的と言ってもよい頻度で訪れます。

偏頭痛とは正反対!緊張型頭痛のメカニズム

緊張型頭痛は、筋肉のこわばりによって血流が悪くなり、老廃物がたまることで周囲の神経を圧迫するために引き起こされます。偏頭痛が血管の拡張によって発生するのとは、まったく正反対のメカニズムで発生する症状なんです。

また、ストレスも筋肉のコリを誘発しますから、まじめで責任感のあるタイプの人は緊張型頭痛になりやすいと言われています。たとえば姿勢が悪かったり仕事で目を酷使していたり、ストレスにさらされ続けたりすることで筋肉がこっているという人は、緊張型頭痛に襲われる可能性も高くなります。

対処法を間違えないで!

メカニズムが偏頭痛が正反対なのですから、対処法も自ずと正反対になります。つまり、偏頭痛が血管を収縮させることで収まったのに対し、緊張型頭痛は逆に血行を良くすることを考えます

風呂に入って全身を温めたり、マッサージ・整体を利用したり、ストレッチで体をほぐしてゆがみを取る、というような対処法が考えられます。

偏頭痛の時にこうした対処をしてしまうと逆効果なので気を付けてくださいね。

頭痛を正しく判断してうまく付き合おう!

「頭痛」といっても、いわゆる偏頭痛とは症状も原因も対処法も、まるで異なることがご理解いただけましたか?

自分を悩ませる痛みがどういったものかを正しく判断して、正しい対処法を行ってください。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ