知って納得!偏頭痛が起こるしくみは何か?

偏頭痛が起こるしくみははっきりと分かっていない部分もありますが、いくつか説があります。

いったいどのようなしくみで痛くなるのか、見てみましょう。

ストレスが原因

偏頭痛は脳内の大きな血管が炎症を起こすことによって発症すると言われています。その血管が炎症する理由は様々です。

例えばセロトニンという脳内物質がストレスなどのせいで多く分泌されることが原因であることもよく言われています。セロトニンが分泌されると血管がいったんは収縮されるのですが、大量分泌された後に一気に量が減ることによって血管が拡張していまいます。

そのせいで血管が炎症を起こし、偏頭痛が起きてしまうのです。血管の急激な縮小・拡張を繰り返すことがいけないのですが、チョコレートの食べすぎ、アルコール摂取のせいで症状が現れてしまうこともあります。油っぽい食べ物を食べても血管に影響を及ぼしてしまいますので、チーズやピーナッツの食べすぎも良くありません。

このように特定の食べ物や飲み物のせいで偏頭痛を引き起こしていることも多いです。

三叉神経が原因

また、偏頭痛には三叉神経(さんさしんけい)が関係しているとの説もあります。三叉神経は硬膜の血管近くに分布されています。それが何らかの刺激によって血管を拡張させる神経伝達物質を分泌してしまいます。血管が拡張すると三叉神経を刺激し、そのせいで偏頭痛が起きます。

また、三叉神経は延髄近くまで走っているので、首が強くこってしまうこともあります。これまで頭蓋骨の外側にある動脈が拡張するのが原因とされていたのですが、最近の研究では動脈拡張が無かったという事実が発表されています。これはデンマークの病院が研究した結果ですが、発作が起きたときにMRI検査をしてみると血管周りの神経線維が敏感になっていたことが分かっています。

もちろん頭痛の症状やしくみは人それぞれですし、この研究はまだまだ始まったばかりです。もっと研究が進めばこれまで偏頭痛の治療薬が効かなかった慢性頭痛も、治療できる可能性が出てきますね。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ