気がついたら偏頭痛持ちに!緩和する方法が知りたいへ 34歳 G.M.さん

私が物心ついた時にはすでに偏頭痛持ちでした。

おそらく小学生高学年くらいかな。薬も飲まずに我慢していたような、おそらくその時期は薬自体も高いし親もあえては買ってくれてなかったのかもしれません。

私の偏頭痛の始まりの時期は?

最初にも書きましたがさだかでは、ありませんがおそらく小学校の高学年だったと思います。いつも曇り空だったりあとは、運動や、暑い日にも汗がたくさん出たりする時にも偏頭痛が起きていたように思います。

私の場合他はわかりませんが生理前から頭痛がありましたね。

特にどんな時に偏頭痛になるか

中学生になり整理が始まるとさらに酷くなったかな、私の母も偏頭痛持ちでよく寝込んでいたのを思い出します。やはり偏頭痛が起きる時は曇り空、生理が終わってから数日は薬が手放せませんでした。

働くようになり20歳を過ぎてからはさらに酷くなりました。おまけに花粉症や鼻炎などでさらに酸素が取り入れないので悪化したように思います。

新たな偏頭痛を経ての症状

働き始めて悪化しては、いたんですが病院には行きませんでした。そんな中働いている最中に目が見えなくなりました。症状は、目の左側からキラキラした銀色のものが、現れ右目に移動して最後には消えてまた、みえるようになるんです。

その後酷い吐きけを伴う頭痛が起きます。その時は眼下に行って薬をもらい症状は、しばらくおさまりました。

結婚をしてからの偏頭痛

会社を退職後に結婚をして3年後に長男その4年後に長女を出産しました。子供を産んでからしばらくは偏頭痛も楽で安心していたんですが、顔の両ほほに出産後に出来るシミ肝斑ができ、気になって皮膚科で処方されたトランシーノが体質に合わずまた、目が見えなくなる症状が頻繁に出るようになりました。

私はトラネキサムサンだったと思うんですがその薬を長く摂取すると頭の血管が細くなり先ほどの症状が出るようです。以後は飲まないように避けながら過ごしています。

今、現在もたまになる事はありますがあまりキツくない薬で緩和させる努力をしています。目の中にキラキラが出る症状はネットで調べたんですが、閃輝暗点というらしいです。

いつまで続くかは、わかりませんが偏頭痛がなくなるまでお付き合いしないといけませんね。いつかは、偏頭痛外来に行ってみたいと思っています。今の所市販薬で治まっていますし酷くならない事を願っています。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ