群発頭痛はどんな病気なの?女性も注意が必要です!

群発頭痛は、特に男性に多いとされていましたが、近年では女性が発症する確率も高くなってきています。

では、群発頭痛がどのようなメカニズムで発生するのか、また、効果的な対処の方法などを説明していきたいと思います。

群発頭痛とはどんな頭痛?症状は?

群発頭痛は、眼窩(眼球の収まっている頭蓋骨のくぼみ)の周囲から頭の横の部分にかけて、短い時間にキリキリと刺すような痛みが生じます。

群発頭痛は「目の中をえぐり取られるような痛み」とも表現され、頭痛持ちの頭痛の中でも一番痛い頭痛とされています。数週間~数か月間の群発期間中に毎日出現する頭痛のことで、夜間や睡眠時など決まった時間に発症しやすいとされています。

しかし、群発期間以外には発症しないことが特徴です。また、痛みは一側性(痛みが頭の片側のみ発生する)で、痛みと同じ側の目に涙が出たり、眼球結膜が充血したりします。

また、鼻水や鼻づまりの症状が出ることもあります。群発頭痛はおよそ1000人に1人の発症率で、20~40台の男性に起こることが多いです。

そして、男性における発症率は女性の3~7倍とされています。しかし、近年の女性の生活習慣の変化や喫煙率の上昇によって、女性の発症率も上がってきています。

群発頭痛の原因はなんでしょうか?

群発頭痛の発生のメカニズムについては、ホルモン説や遺伝子説など色々とありますが、正確な原因は分かっていません。

群発頭痛の発症が男性に多いことから、男性ホルモンが関係しているとも考えられていますが、女性でも発症するためすべての方に当てはまるわけではないことが分かります。

群発頭痛は決まった時間に起こることから、脳にある体内時計の狂いが原因で生じるという考えもあります。また、群発頭痛の激しい痛みは、目の奥にある脳に血液を送る動脈を保護する緩衝材のような役目をしている細かい静脈が異常に腫れてしまうことで生じるともされています。

群発頭痛の症状を和らげるためには?

群発頭痛は、限られた数週間~数か月間の連日連夜に集中的に発症しやすく、また、その期間中は脳の興奮状態が異常となります。そのため、頭痛の周期をよく理解し、起こりそうだと思った場合はすぐに病院を受診することをおすすめします。

頭痛の予防薬を内服することで、症状を抑えられる可能性があるためです。薬物療法の他にも、睡眠時間を十分とる、アルコールやタバコを控えるなど生活習慣の改善を行うことで頭痛の頻度や程度が下がっていきます。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ