激しい痛みは群発頭痛の症状!群発頭痛の原因と治し方は?

早朝、まだ寝ているうちから突然痛みがあらわれ、耐えがたい鋭い激痛が起こったら、群発頭痛かもしれません。

群発頭痛の症状は?

まったく前兆なしに、片側の目の奥と周囲に、やけるような激しい痛み発作が、30分から1時間続くまれな頭痛です。痛みのある側の眼は充血して涙がこぼれ、また同側の鼻がつまる、鼻水が出る、まぶたが腫れる、まぶたが下がる、発汗などの症状が出ます。

これが連日ほぼ同時刻に、反復再発します。発作は飲酒後の睡眠中などに起こりやすく、いったん始まると数週間から数カ月続くのが特徴です。不眠や日常生活に支障をきたす場合もあります。

また中年のヘビースモーカーの男性に多い傾向があるといわれていましたが、近年では女性の喫煙者が増加していることから、性差は減少しているのではないかといわれています。発作中はじっとしていられない、うろうろと動きまわるという特徴があります。

以前は偏頭痛に分類されていましたが、最近では偏頭痛とは別に分類されています。

群発頭痛の治し方

一般の鎮痛薬はほとんど無効で、トリプタン系薬剤を早期投与します。頭痛を抑制するなら皮下注射がよいとされます。鼻腔スプレーによる鼻腔内投与や酸素吸引法も有効療法とされています。

激しい頭痛から解放されるためには、予防的治療としてまず禁酒、禁煙です。発作期間の短縮や症状の軽減には星状神経ブロックがあります。また自律神経にも関与しており、規則正しい生活を送ることが大切です。

発作がなくなると、数か月はまったく頭痛が起こらない時期が続きます。

群発頭痛の原因

脳血管を支配する三叉神経を刺激して炎症作用をもつ化学物質を分泌させます。すると血管拡張、血管周囲の浮腫が起こり、同時に三叉神経はその刺激を中枢である脳に送るため、脳はその刺激をとらえて疼痛を自覚して頭痛となります。

特に家族性はなく、発作の誘発因子として、ストレスや飲酒、タバコ、血管拡張薬の服用などがあります。

群発頭痛の注意する点

群発頭痛は耐えられないほどの激痛が毎日同じ時刻にやってきます。15分から約3時間は反復します。

群発頭痛を疑われた場合は、迷わず頭痛外来へ受診されることをおすすめします。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ