偏頭痛の原因とは何か?対策と予防に必要な心得について

偏頭痛とは、緊張やストレスによって、脳の血管が締め付けられて、血流が悪くなってしまう病気です。発症すると、頭が痛くてのた打ちまくり、恥も外聞もない程の状態で倒れ込む事もあります。

一見、可愛らしい名前ですが、その強烈な痛みは日常生活に陰を落とします。

偏頭痛になりやすいのは、どんな人なのか

偏頭痛になりやすいのは、神経質で痒い所に手が届くような人や他人に気を遣い過ぎて神経をすり減らしているような人です。

このタイプは、常に交感神経が優位に立っているので、血管が狭まりやすいです。

事前に偏頭痛を予防するには、どうすれば良いのか

緊張しない事が1番です。しかし、日常ではなかなかそのような場面はありません。交感神経が優位という事は、心の中がせっかちなので、いつもゆっくり動作する事を心がけましょう。

慌てても、大して変わりません。冷静に物事に対処した方が、より早く作業が進みます。

また、ローズヒップティーやアロマ等の副交感神経を刺激する物を食生活に取り入れて、落ち着いた行動ができる精神状態を身につけて下さい。

いつ、どんな時に偏頭痛は起こってしまうのか

偏頭痛が起きるのは、忙しい事が終わって安心した時です。急に痛みが襲ってきます。痛くて、何が起こっているかわからず死の恐怖さえ感じる事があります。

何か凄く悪い病気なのではないかと病院に走っても、異常なしで帰ってきたりする不思議な症状です。

偏頭痛になったら、どういう行動をすればいいのか

偏頭痛になったら、処方された薬を飲む方が良いように思われますが、薬剤は飲みすぎると効きが悪くなります。1番無難な方法としては、頭のマッサージをして、血流を流す事です。

首や肩など関係なさそうに見える部分も脳に繋がっているので、30分~1時間程解してあげると改善します。普段から、揉み解して、凝りが無いようにしておきましょう。

また、野菜や果物を多く摂り、抗酸化作用のあるビタミンCや血流を促進するビタミンB群を摂取すると効果があります。更に、ビターチョコレートのカカオマスや緑茶のカテキン等のポリフェノールを毎日摂取して下さい。

血管の健康維持に役立ちます。お茶は毎日600ml以上、ビターチョコレートは30gで効いてきます。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ