偏頭痛の原因となる3つの食べ物と偏頭痛を改善する食べ物は?

ズキンズキンとさいなむ偏頭痛、辛いものですよね。楽しい遊びの時間も、集中したい仕事の時間もづっと付いて回り、心から楽しんだり集中したりするのを妨げてきます。

顔もきがついたら険しくなったり、もっと酷いと布団から起き上がれなくなったりしますよね。

偏頭痛には食べ物が大きく関係していると言われています。偏頭痛を酷くする食べ物、偏頭痛を改善する食べ物をこれから紹介していきます。

偏頭痛を悪化させる食べ物1:チラミン

チラミンは血管を収縮させたあと拡張させる働きがあり、これが偏頭痛を引き起こすと言われています。

赤ワイン、チーズ、チョコレート、キムチ、レバーなどです。とくに赤ワインとチーズの組み合わせは大変危険です。アルコール自体も偏頭痛を引き起こしやすい作用があり、チーズはアルコールの吸収を早めます。

これらは健康食品でもありますが、食べ過ぎは偏頭痛の原因になる時があります。普段から食べ過ぎに注意し、偏頭痛が続いているときは控えた方がいいでしょう。

偏頭痛を悪化させる食べ物2:亜硝酸

亜硝酸は血管を拡張させ、偏頭痛を引き起こしやすくなります。

亜硝酸はおもに加工肉の発色をよくする添加物として使われていることが多いです。ハム、サラミ、ソーセージなどです。これらは塩分も高いです。

塩分が高いと高血圧になりがちです。高血圧になると血管は拡張され、偏頭痛を招きます。これらは上で書いたチアミンを含む赤ワインと組み合わせると美味しいですが、偏頭痛になりやすい組み合わせなので注意が必要です。

食べ過ぎに気を付けましょう。

偏頭痛を悪化させる食べ物3:グルタミン酸ナトリウム

グルタミン酸ナトリウムは脳の血管を拡張し、偏頭痛の原因になりやすいです。

グルタミン酸ナトリウムはうまみ成分として、インスタント食品やスナック菓子に添加されています。カップラーメンやポテトチップスなどには欠かせない調味料として扱われています。

偏頭痛が続くと料理する気力がわかなくてついつい簡単に食べられるインスタント食品やスナック菓子に頼りがちになってしまいますが、さらなる偏頭痛を招きかねません。食べ過ぎに注意しましょう。

偏頭痛を改善する食べ物:コーヒー

カフェインを適度に摂取すると偏頭痛を予防する効果があると言われています。コーヒー以外にも緑茶、ウーロン茶などが有効です。ミルクや砂糖を入れるとさらに偏頭痛の予防効果が高まります。

カフェインには中毒性があるので、摂り過ぎは身体にはよくありません。適度に摂取することが重要です。偏頭痛が酷い時や偏頭痛になりやすそうな時には、リラックスした気分でコーヒーを飲んで休憩をとるといいでしょう。

その時に適度に糖分を摂取すると、さらに偏頭痛の予防効果が上がります。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ