辛い偏頭痛の吐き気の原因は!?正しい対策と薬の知識とは!?

偏頭痛は特に女性に多い症状です。女性はストレスを男性に比べ溜めやすい為引き起こしやすいと言われています。

年齢的には20代~40代が発症リスクが高いとされていますが、原因は様々で生理前だったり、天気の状態や寝起きのホルモンバランスの乱れが原因と言われていますが、はっきりとは今でも分かっていません。

吐き気を伴う偏頭痛

吐き気を伴う偏頭痛は頭痛と同時にめまいや立ちくらみなどを感じます。その後立っていられない程の頭痛と共に吐き気を催すという特徴があるのです。

でも偏頭痛から来る吐き気の場合は、吐いてしまうと今までの頭痛の症状が落ち着く事が多く、その場合は我慢せず吐いてしまった方が後が楽になるものです。

偏頭痛が吐き気を同時に催す理由は!

偏頭痛が吐き気や嘔吐を引き起こしてしまう原因は三叉神経が関係しています。

それは頭痛が起きている時には頭の中の血管が膨張する為、頭内の三叉神経を刺激して吐き気を感じるという説があります。現在の研究ではこの予想が一番有力でしょう。

偏頭痛による吐き気の対策とは!

偏頭痛があまりにも強い場合は、一度病院で見てもらい薬を処方してもらう事をオススメします。

治療薬で処方される薬で有力なのがトリプタン系薬剤です。トリプタン系薬剤は脳の血管の膨張を抑え、元の血管状態に戻します。そして、脳内から三叉神経を刺激する事を防止します。

神経刺激を無くす事で神経状態は異常を感知できず吐き気自体を未然に防ぎます。症状が出始めた時に早い段階で飲む事が大事で吸収しやすいので効果も割と早く表れてくれます。

ごくたまにしか偏頭痛を発症しない人は!

たまにでも偏頭痛を感じる場合は、一度病院で診てもらっていた方がいいでしょう。頻繁で無いのであれば症状は軽度と判断されます。その場合はエルゴタミン製剤が処方されると思います。

これは初期症状の人に有効で吐き気などを催す前に飲む事で血管の膨張を事前に防いで収縮させます。その結果、偏頭痛の初期段階であれば症状を軽くで済ます事が可能です。

ですが、思い症状の時には効果が薄いので別の薬を処方してもらいましょう。

偏頭痛の吐き気についてまとめてみると

偏頭痛の吐き気症状を治す、予防するのはそれぞれの症状に合った薬を飲む事が重要です。薬一つ一つに強さが違うので、症状に合わない薬を飲んだとしても効果が表れない場合があります。

なので偏頭痛に悩んでいる女性は一度病院を受診しておく事をオススメします。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ