緊張型頭痛の薬に頼らない方法とは?いろいろな頭痛解消法!

頭痛にはいろいろな種類がありますが、性別や年齢にかかわりなく最も多くみられるのは緊張型頭痛です。

後頭部から頭全体にかけて鈍いが広がり、その痛みの頻度や期間は様々です。

疲労やストレス、緊張、運動不足、血行不良などのいろいろな原因があらいますが、自分に合った頭痛の解消法を見つけることが望ましいでしょう。

頭痛を和らげるのに効果的!頭痛体操とは?

頭の痛みを和らげるのに効果的な頭痛体操というものがあります。頭痛体操は、痛みを緩和させるだけでなく、緊張型頭痛を予防する効果もあります。

日頃痛みがない時から頭痛体操を行うことで、頭痛から解放されるかもしれません。頭痛体操で重要なポイントは、首の後ろ側にある後頸筋(こうけいきん)と肩から背中にかけての僧帽筋をストレッチしてほぐしてあげることです。

後頸筋を伸ばしてあげるには、顔は正面を向いたままで両肩を大きく左右に回してあげるだけです。僧帽筋を伸ばすには、右手指先を右肩に添え、左手指先を左肩に添えて、肩を外側と内側にそれぞれグルグルと回してあげるだけでオッケーです。

手のひらで頭を押さえて、首を左右前後に息を吐きながら伸ばしてあげるのも効果的です。首や肩のコリをほぐしてあげることで、リラックス効果があり緊張もほぐれ、頭痛に効果があるのです。

コリをほぐして痛みを解消!ツボ押しやマッサージなど!

頭痛を和らげる方法に、ツボ押しやマッサージなどもあります。ストレスや疲労、緊張などで、筋肉が硬くなってしまっているので、ツボ押しやマッサージでそのコリをほぐしてあげるのです。

血流を促してあげることで、体の緊張もほぐれてリラックスすることができ、頭痛も和らぐでしょう。頭痛に効果的なツボとしてよく知られているのが、目じりの横のこめかみ近くにある「太陽」と呼ばれるツボです。

疲れた時に無意識にこめかみ周辺を抑えることがありますよね。その行為は、無意識に疲れを取るためのツボを押しているのです。また、「百会」というツボも頭痛解消効果があります。

目と目のちょうど間あたりにあるツボで、頭痛を和らげるとともに不眠や自律神経を整える効果があります。他にも、頭痛に効果のあるツボがいくつかあるので、いろいろなツボの場所を試してみると良いでしょう。

緊張型頭痛を和らげる飲み物とは?有効なハーブティー!

頭痛になった時に、体を温めて血行を良くしようと温かい飲み物を取ろうとして、コーヒーや紅茶、ウーロン茶などのカフェインが入っている飲み物は緊張型頭痛には逆効果です。

カフェインには血管を収縮させる作用があるので、頭痛がひどくなる場合があります。緊張型頭痛は、精神的ストレスにより筋肉が緊張していることが多いのでリラックス効果のあるハーブティーがおすすめです。

ハーブティーの中でも、カモミールティーやセントジョーンズワート、ミントティー、ラベンダーなどのリラックス効果の高いものが頭痛を和らげてくれるでしょう。

ショウガ入りの飲み物も、血行を良くする作用があるので頭痛を緩和する効果が期待できるでしょう。

まとめ

頭が痛いと何をする気も起こらず、かといって薬にばかり頼るのも心配ですよね。

頭痛体操や、ツボ押し、マッサージなどを行うことで肩や首のコリをほぐしてあげましょう。また、リラックス効果のあるハーブティーを飲むことで、精神的な疲れを和らげることができ、頭の痛みを抑えることができるかもしれません。

自分に合ったリラックス方法を見つけて、上手に緊張型頭痛と付き合っていきましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ