月経前症候群の一つとして起こる偏頭痛!上手く付き合うには? 女性 39歳 Y.M.さん

私は30代後半の主婦です。30代前半で出産をして間もない頃からでしょうか。

決まって生理の10日ほど前から生理直前まで偏頭痛で悩まされることが頻繁になりました。原因として考えられるのが月経前症候群(PMS)の一つの症状だということです。

対処療法で痛みを感じると鎮痛剤を使っていましたが、ここ最近そういった薬頼みな日々からも何とか脱却したい思いから様々な対策をとるようになりました。

生理周期を把握しスケジュール管理を徹底する

私の場合偏頭痛が起きてしまうと生活にも支障が出てしまいます。

そのため自分の生理周期とともに、月経前症候群として偏頭痛になりやすい時期をあらかじめ予測することを心掛けています。月経前症候群は過度なストレスや不規則な生活、ハードスケジュールによって悪化しがちと聞きますので、この時期は基本的にはゆったり過ごすことを心がけ、無理なスケジュールも入れないようにしています。

自分の体を知り、負荷を少なくすることによって偏頭痛にも対処できますし、起こりにくい体作りにもつながります。

偏頭痛対策として生活習慣に組みこんでいること

偏頭痛が起きないよう、この時期には生活習慣にも気を遣います。

もともと冷え性の私。この時期に体を冷やすと偏頭痛にもつながりやすいので、入浴は温浴効果の高い入浴剤を使用し、ぬるめのお湯に長めに入ったり、寝る前にショウガ湯を飲んだり、手足やお腹を冷やさないように服装に気を付けたりしています。

またアルコールやコーヒー、辛みの強い食品などの刺激物は偏頭痛を悪化させる要因と言われていいるため、この時期にはそれらの摂取を極力控えるようにしています。

生活が乱れると偏頭痛につながりやすいので、睡眠時間もしっかり確保する努力をしています。

偏頭痛対策をしながら思うこと

こういった日々の対策を効果を発揮して、ここ数か月偏頭痛が大分緩和されるようになりました。

それでも周期的にやってくる憂鬱な時期は女性特有のものですし、女性として生まれたからには受け入れざるをえない症状の一つだとも思います。偏頭痛になるべく悩まされないよう積極的に生活を見直しながらも、今後も続くであろう月経前症候群と上手く付き合っていきたいです。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ