新しい職場のストレスから偏頭痛になってしまった私 女性 30歳 K.H.さん

当時、医療事務のお仕事に転職したばかりで分からないことが多々あり毎日霧の中を手さぐりで歩いているような状態でした。

というのも、仕事を教えてくれない、ミスをすると感情的に怒るといった上司のパワハラが酷く、ストレスを抱えて毎日を過ごしていると次第に私の身体に変化が表れ始めるのでした。

偏頭痛は突然に

個人診療所に勤務することになった初日から全ての業務が引き継がれました。私の上司は勤務7年というベテランで、仕事が出来ることで医院内では評判でした。しかし、私からするととてつもなく厳しい鬼のような上司としか思えませんでした。

「一度教えられた仕事は聞くな。」、「ミスをしたら医院の評判をあなたが落とすことになる。」、「そんなことは自分で考えれば出来ることだ。」様々な言葉で私を少しずつ追い込んでいきます。

そして、そんなある日のこと私は頭に違和感を覚えます。頭を締めつけられるような感覚で意識がぼーっとするのです。はじめは疲れているだけだろうと自分に言い聞かせて仕事をしていましたが、数週間すると妙な目眩も発症します。

目眩といっても立っていられないほどクラクラするというわけではなく、フワフワとした感覚です。さらには、肩こりと首筋が痛んで仕事に集中できない日も増えてきました。それから2ヵ月くらいすると、偏頭痛のピークが夕方であることに気が付きます。

病院で診てもらうことに

これまでに起きている症状を医者に全て話すと、聞いたことのない診断名を述べてきました。「緊張型頭痛ですね。」今までこんなに体調を崩すことはなかったため、無理が祟ったのだろうと安心したものの、今後の仕事に支障をきたすのではないかと不安が頭をよぎります。

医師からは本当につらい時だけにと、痛み止めの薬と抗不安剤が処方されました。

どうして抗不安剤が処方されたのか?

身体的な疲れからこの症状が発生するのだと思っていた私は、医師から処方される薬の説明を聞いた時は「え?」という気分でした。

なぜなら、一番の原因は精神的なストレスである可能性が高いからと言われたからです。「あまり頑張りすぎると疲れてしまうからね。」最後に付け加えられた言葉は今の私の教訓になっています。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ