自分で日常生活の中でできる予防!頭痛慢性頭痛の改善方法とは?

不定期に突然やってくる慢性頭痛は、痛みで仕事や勉強に手がつかなくなって困りますよね。

慢性頭痛には、「緊張型頭痛」「偏頭痛」「群発頭痛」と3種類ありますが、自分の頭痛のタイプや症状に合わせて改善方法を見つけていきましょう。

日頃から、食生活や日常生活などのちょっとした事に気を付けるだけで、慢性頭痛が改善して頭痛の悩みから解放されるかもしれません。

頭痛を引き起こしやすい食べ物とは?チラミンの取り過ぎに注意!

食べる物によって、頭痛を引き起こしやすいものと頭痛を防ぐ作用のあるものがあります。

食品に含まれる「チラミン」という成分は、体内に蓄積されると血圧を上昇させる働きがあります。血圧が上昇すると血管が収縮し、頭痛や吐き気の症状が出やすくなります。チラミンは、食品が古くなってアミノ酸が分解される時に発生する成分なので、発酵食品であるチーズやピクルスに多く含まれています。

チーズやピクルスの他に、ピーナツバターやチョコレート、ワインなどにもチラミンが含まれています。さらにワインはアルコールなので、血管がさらに拡張しやすく飲み過ぎると頭痛を起しやすくなります。

チラミンを含む食品が健康に良くないということではないのですが、過剰摂取には気を付けましょう。

積極的に食べよう!頭痛を予防する食べ物とは?

頭痛を予防してくれる食品は、積極的に献立に取り入れていきましょう。マグネシウムを豊富に含むほうれん草は、頭痛予防におすすめの食材です。

マグネシウムには、血管の収縮を抑える作用があるので頭痛を防ぐ効果が期待できます。偏頭痛の患者の半数弱は、マグネシウム不足が原因だというデータがあるほど、マグネシウムは頭痛予防には必要不可欠の野菜なのです。

ウナギも頭痛予防におすすめの食品です。ウナギに含まれるビタミンB2には、過酸化脂質を分解する作用があります。過酸化脂質が分解されると、毛細血管の血流が良くなり、エネルギー源であるぶどう糖が脳に適切に供給されるようになり頭痛を防ぐことができるのです。

ウナギを毎日食べることはできませんが、ビタミンB2はレバー、魚、卵、牛乳、納豆などに含まれているので、積極的に食べるよう心がけましょう。

質の良い睡眠が頭痛を防ぐ!寝不足や寝過ぎに注意!

精神的ストレスや身体的ストレエスが慢性頭痛の原因であることがあります。

毎日、質の良い睡眠を取ることで、ストレスや疲れをためないようにすることが、頭痛の改善につながるでしょう。寝不足だけでなく、寝過ぎてもかえって頭痛をおこしやすいこともあります。

休みの日だからと寝てばかりいては、逆に頭痛を悪化させることがあるので注意しましょう。寝る1時間前には、携帯電話やテレビ、ゲームなどの刺激となるものの使用を控えて部屋を暗くしておくと、リラックスしてスムーズに入眠しやすくなります。

寝る前にストレッチなどで体をほぐしたり、リラックス効果や安眠効果の高いハーブティーなどを飲むのもおすすめです。

まとめ

慢性頭痛を自分で改善するには、日常生活を見直すことが大切です。

頭痛を引き起こしやすい食べ物を控え、頭痛予防効果のある食材を積極的に取り入れましょう。また、質の良い睡眠は、頭痛を改善してくれます。寝る前にストレッチをしたり、ハーブティーを飲んだりして、自分なりのリラックス方法を見つけてください。

心身ともにリラックスして睡眠することができれば、ストレスや疲れが減り、頭痛の改善につながるでしょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ