偏頭痛になって頭が痛い!そんな時どうしたらいい? 女性 39歳 Y.O.さん

高校2年生の頃、初めての偏頭痛になりました。

その頃は偏頭痛というものもあまり知られていなかったので頭が割れるように痛くて嘔吐している私を見て、養護教諭の先生や迎えに来てくれた母親も脳に腫瘍でもあるんじゃないかとかなり心配していました。

病院では脳のCTスキャンも撮りましたが異常なし、何の点滴かわかりませんが、点滴をして、帰る頃にはすっかり痛みも消え問題なく帰ったことを思い出します。

高校生で初めてなり、その後はしばらくは偏頭痛はありませんでした。

その間に偏頭痛のことがテレビでやっていたり、雑誌に取り上げられたりするようになり、全く症状が一致することにびっくり。「あの時の頭痛は偏頭痛だったんだ」と知りました。

疲れがたまってる時、緊張が解かれた時に注意!

その後になったのは子供を産んでからです。夜中の授乳が本当に大変で、夜もまともに眠れないのに、起きればまた子供と公園に行ったり子供がお昼寝の間に晩御飯の準備をしたり。

一人目の育児は慣れなくて本当に大変でした。毎日「疲れたな」と思って過ごしていたある日、今日もようやく終わると思った夕方に偏頭痛がきました。その次は子供の運動会が終わってホッとした時に偏頭痛がきました。

どちらも寝不足で疲れがたまっている状態で緊張感が解かれた時に偏頭痛になりました。そして不思議と嘔吐すると頭痛も治るのです。お医者様でもらった薬もあまり効かず、吐くしか痛みから解放される方法はないんだと残念な気持ちになりました。

偏頭痛になった時の対処法は?

偏頭痛と普通の緊張性頭痛は仕組みが違います。両方とも肩のコリや疲れでなるのですが、緊張性頭痛は血管の収縮で痛みがあるのに対し、偏頭痛は血管の拡張で痛みがくるのです。

頭痛にはバファリンと言いますが、バファリンの成分は血管を広げて血液の流れを良くしてくれる成分が入っています。緊張性頭痛にはいいのですが、偏頭痛は血管が広がっているところにバファリンは逆効果になります。

私が一番効いた方法は「頭を冷やす」です。私は偏頭痛が来る前に前兆があり、目の前に光が走ったり、チカチカしたものが出てくるのですが、その前兆があったら即冷やし始めます。

とにかくアイスノン二つ使って頭をサンドイッチしてとにかく頭を冷やします。頭痛はやってきますが、そのまま冷やします。すると嘔吐まではいかず痛みが引いていきます。

日頃から気をつけること

肩こりからくるから肩こりしないように筋力をつけなさい!

とお医者様には言われたのですが、しんどいことは私は続きません。なので肩こりにならない生活をします。腕を振って歩く、散歩をする。便秘をしない。関係なさそうですが、やはり便秘をしないで体の巡りもいいとコリはなくなります。

あとよく言われるコーヒー、チョコレートをあまり食べないようにしています。太陽の光も引き金になったりするので少しでも眩しいなと思う日はサングラスをかけたり、あまり外出しないようにします。

気をつけるようになってからはまだ偏頭痛になってはいません。偏頭痛になってしまうと本当に嫌なので、なりたくなければ予防するしかないですよね。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ