長時間のパソコン作業で頭が痛い!偏頭痛と緊張性頭痛が併発しているかも

長時間のパソコン作業が続くと、ズキズキと頭が痛みだして耐えられなくなる。

そんな人は、偏頭痛と緊張性頭痛が併発している可能性があります。

仕事でパソコンを使う人にとっては、本当に厄介ですよね。

どう対処したらいいのか、原因は何かということをまとめました。

パソコンが原因で起こる慢性頭痛

パソコンが原因で起こりやすいのは、緊張性頭痛と呼ばれる症状です。長時間同じ姿勢を取ることで、肩周りの筋肉の血流が悪くなって、その結果頭痛を誘発します。一方、偏頭痛というのはストレスや遺伝などによって起こりやすいものです。

長時間のパソコン作業の後に「ズキズキ」と鈍痛が続くようなら、この2つの頭痛症状が併発している可能性が高いです。というのも、ズキズキという鈍痛は緊張性頭痛の痛みではなく、偏頭痛で現れる痛みだからです。

頭痛のタイプは3つに分けられるのですが、このように2つのタイプが混ざっている場合も珍しくありません。

緊張性頭痛&偏頭痛が併発している場合の対処法

緊張性頭痛と偏頭痛は、原因が違う上に、対処方法が真逆です。まずは、ズキズキという鈍痛を引き起こしている偏頭痛から対処するといいでしょう。

偏頭痛の痛みを抑えるには、頭をなるべく動かさないことと、血管の拡張を鎮めることが必要です。痛みが軽度のうちは、血管の収縮作用のあるカフェイン入り飲料(コーヒーなど)を飲むことで痛みが和らぐことも。

もしくは、横になって痛みが軽くなるのを待つといいでしょう。その後、キューッと締め付けるような痛みが出てくるようなら、次は肩周りをストレッチします。血流を良くすることで筋肉の緊張をほぐし、緊張性頭痛による痛みの軽減を図るのです。

少々面倒ではありますが、痛みの原因が2つある場合には、このように2段階で対処するのが効果的です。

緊張性頭痛には薬も効く

偏頭痛に効く薬は市販されていませんが、緊張性頭痛であれば頭痛薬で痛みがある程度取り除けます。

2つの症状が併発しているなら、とりあえず市販薬で緊張性頭痛の痛みを緩和させておくというのも一つの手です。ただし、耐え切れないほどの痛みになってからでは手遅れ。痛みの初期段階で服用するのがポイントですよ。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ