耐え難い頭痛が治まらない!我慢せずに薬に頼って! 女性 46歳 M.A.さん

痛みというのはどこが痛んでも辛いのですが、頭の痛みは時に耐えがたいくらいの不快感を感じることがあります。

痛くて動くのも辛いこともあるし、寝ていても痛みが治まらずどうしていいのかわからないときもあります。

特に偏頭痛は多くの人が悩まされ、どうしたら早く治まるのかと対策をしていると思います。

私も子供の頃からの頭痛に悩まされていて、辛い症状を早く治そうといろいろな対処法を試してきました。

小学生の頃、突然の頭痛

初めて頭痛を感じたのは小学校低学年だったと思います。

夜、兄と一緒に二段ベッドに寝ていたのですが、突然それまで経験したことがないような痛みを頭に感じました。ぎゅーっと頭をつかまれているような感じでズキズキと頭に心臓があるような、ものすごい痛みでした。

うずくまって「痛いよ~痛いよ~」と泣いていると、心配した兄が母を呼んできました。母はびっくりしていましたが、冷たい枕を持ってきて頭を冷やしてくれました。いつ寝たかはよくわかりませんが、朝起きたら頭痛は治まっていました。

ところが、たびたび同じような症状で眠れなくなることが続き心配した母と病院に行きました。診断は「偏頭痛」でした。その当時、子供用の鎮痛薬というのは市販されておらず、病院で大きな錠剤の鎮痛薬を出されました。

とても良く効きすぐ治るのですが、大きいのでのむのも大変だし胃が荒れました。続けてのむと胃の調子が悪くなっていたので、なるべく頭痛を我慢してどうしても痛いときだけのむようにしていました。

生理前・天候には要注意

そのまま大人になり偏頭痛が良くなることはありませんでした。大人になってくると、偏頭痛がおこるタイミングがなんとなくわかってきました。生理前は絶対痛くなりました。

10代から20代くらいは生理痛もひどかったので、頭とお腹の痛みが同時に出て鎮痛薬は手放せませんでした。1錠では治らず、続けて2錠、3錠とのんでしまうこともあり、自分でもよくないなぁと思っていました。

雨が降りそうなときにも痛くなりやすかったです。どんよりと暗い雲が出ていると、ズキズキ痛みがきて重い感じになりました。雨が降っている日より曇りのほうが痛くなりました。

反対にものすごい天気がいい日も痛くなるのです。天気がいい日に長い時間外にいると、気がつくとズキズキしていることがあります。帽子をかぶっていても痛くなるので、なるべく日陰に入ったり、長時間外にいないようにしていました。

早めに薬をのむのが効果的

頭痛がおこってしまった時、頭を冷やしたり鎮痛薬をのんだりする方が多いと思うのですが、人によってはおこってから対処したのでは効果が薄い場合があるようです。以前ひどい頭痛が続いて病院で相談をした時に医師から「痛くなりそう、と思ったときに鎮痛薬を飲まないと治りにくい。我慢してすごく痛くなってからのんでも痛みを治めるのが難しい」と言われました。

だから「ちょっと痛い」とか「頭痛になりそう」と感じた時にのむといいそうです。鎮痛薬は市販のものが多く出ているので自分に合うものが見つかればいいのですが、なかなか選ぶのが難しいと思います。

頭痛で悩まされている方は一度病院で相談して、処方薬をのんでみるのもいいと思います。私も市販薬をずっとのんでいたのですが、病院でロキソニンを処方してもらってからはそれをのんでいます。

私に合っていて効きも良かったので、時間がある時は病院で処方箋をもらい、普段は市販のロキソニンを購入しています。頭痛は我慢せずに、頭が重いなどの頭痛信号がきたらすぐに薬をのむのがいいと思います。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ