慢性頭痛の特徴にはどんなものがある?酷い痛みの時には病院へ

頭痛と一言で言っても、その痛みの種類はいくつかあります。

その中の慢性頭痛にはいくつかのタイプがありますが、一番の特徴は他に原因となる病気がないことです。

これは一次性頭痛と言われます。そんな慢性頭痛のタイプにはどのようなタイプがあるのかを、いくつか挙げてみました。

頭の片側だけが傷むのも慢性頭痛なのですか?

これは偏頭痛と言って、慢性頭痛の中の一つのタイプです。・頭の片側、時には全体がズキンズキンと傷む・吐き気をともなったりする・前兆として目の前にギザギザしたものが見えたりする・動くと痛みが激しくなったりする・脈拍に合わせてズキズキ傷む・あまりの痛みに寝込んでしまったりする・痛みがなくなると、何でもなかったかのように元に戻る。

・痛みが出る回数は月に1?2回、多い時は週に1?2回。

肩が凝ると頭が痛くなってくるのも頭痛?

これも慢性頭痛の中のタイプの一つで緊張型頭痛といいます。・頭がギューと締め付けらるような痛みになる・首や肩のコリの他に目の痛みがある・鈍い痛みが長い時には1か月のうちに半月も続く事がある・身体的、精神的なストレスで痛みが出る・偏頭痛のズキンズキンするような痛みとは違い、一日中鈍い痛みが続き夕方に痛みがピークになる・前兆になるものはなく、吐き気などの症状を伴うこともない

朝起きると頭が痛かったりするのは慢性頭痛?

朝起きた時に頭が痛いと言う人は案外多くいます。これも慢性頭痛のタイプの一つで、あまり聞きなれない名前で低髄液圧性頭痛というものです。・低血圧傾向の人で女性に多い・午前中に痛みが強いが午後には軽減する・起きていると痛みがあるが、横になると痛みが軽減する・頭全体がジーンとした重みを感じる・痛みとともにめまいが伴う・いきんで腹圧をあげると痛みが軽減する・痛みが軽い場合はただの低血圧と思われる

まとめ

慢性頭痛にはまだいくつかの特徴がありますが、このタイプの頭痛は診察を受けても身体的にはどこにも異常はみられません。これらの頭痛の特徴からして、日頃からのちょっとした生活習慣の見直しで防げるものもあります。

仕事をする時の姿勢や、身体的・精神的なストレスを溜め込まないように、適度な運動や気分転換をする。睡眠不足にならないようにしっかり身体を休めるなどの予防法があります。

しかし、あまりに痛みが酷く生活に支障をきたすのであれば、自己判断せずに診察をしてもらう事も大事です。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ