同僚のアドバイスで偏頭痛改善のキッカケをもらえた 男性 41歳 K.S.さん

現在41歳男性ですが中学生ぐらいから偏頭痛に悩まされていました。

当時は月数回あるかないか程度だったのが25歳ぐらいから悪化し週1,2ペースに、35歳ぐらいからは二日に一回までなり、頭痛を放置しておくと我慢出来ないほどなので頭痛薬を飲んで緩和するようにしてましたが、サプリで偏頭痛対策が出来ました。

25歳前後からの偏頭痛が酷くなった

私の偏頭痛が酷くなりだしたのは25歳ぐらいですが、これはストレス由来によるものだったと思います。仕事で失敗をしたり、高圧的な上司と一緒に過ごしたりすると高確率で頭痛を発症してました。

また、上司と一緒に過ごしていなくてもこれから一緒に仕事をするのかと思うだけでも頭痛で悩まされました。市販の頭痛薬を飲めば治ったんですが、この時に頭痛薬依存というか偏頭痛癖を持ってしまいました。

それから酷くなったのが35歳ぐらいからで、この頃失業してしまって将来への不安がものすごいストレスになったんだと思います。この頃からストレスからだけでなく、ゲームをしたりパソコンをしたりといった肩こりするようなことをしても頭痛が起こるようになり、二日に一回は頭痛薬を飲むほどになってました。

頭痛サプリのキッカケは同僚からのアドバイス

35歳の時に失業したもののなんとか就職することが出来たのですが、そこで知り合った同僚の女性社員から偏頭痛のアドバイスをもらいました。

この女性社員は私より4つ年上の人でx1の方だったんです。色んな事情があり離婚を経験したらしいんですが、結婚生活を送ってる時にストレスからか頭痛がものすごかったらしく頭痛薬の飲みすぎて頭痛薬が効かない体になってしまったんです。

頭痛薬をよく飲んでる私をみて彼女が、飲みすぎると私のように頭痛薬が効かない体になってしまうから、頭痛薬で痛みをごまかすんじゃなくてきちんと治療しないと後悔するよって言われ私も考えるようになりました。

彼女のお勧めだったのがずきしらずの実っていう頭痛薬サプリでした。

効果を感じるまで一か月かかった

ずきしらずの実っていうのは一か月分3300円するのでちょっと高めのサプリだなって思ったのですが、チャレンジしないことには現状を打破出来ないので購入しました。

錠剤タイプで一日5粒飲めばいいだけだったので手間はなかったので継続して飲めたのもあります。偏頭痛に効果を感じるようになったのは一か月ぐらい後です。

今から思うと3週間目ぐらいから偏頭痛時の痛みが柔らいできてたような気もしますが、偏頭痛の起こる頻度で差を感じるようになるには一か月かかりました。

一か月後で偏頭痛の起きる頻度が週1ペースまで下がり、痛みの度合いも今までは毎回我慢できないほどの激痛(最初は緩いが時間と共にエスカレート)にまでなってたのが、軽い頭痛程度に収まるようになりました。

それでもこの頃は後々酷くなると怖いっていう恐怖心から頭痛薬を飲んでました。

現在は軽い痛み程度で頭痛薬もほぼいらない

偏頭痛の痛みは3か月目ぐらいでかなり変わったと感じました。この頃になると痛みが軽い時は頭痛薬を飲まなくてもそのまま過ごせるぐらいまでなりましたし、頭痛が起こっても気分転換をすると気づけば治まってるってことが多くなりました。

気分転換っていうのは散歩や入浴なんですが、私の偏頭痛にはこういったことも効果がありました。今まではこういう気分転換をしてもその時は紛らわせることが出来てもすぐ痛みが襲ってくるので結局頭痛薬の力を頼っていたのですが、痛みもぶり返さないようになっていたので頭痛薬を飲む回数が月に1回あるかないかまでなりました。

現在も頭痛薬は一応常備してますがほぼ使っていない状況ですし、偏頭痛が改善したって実感してます。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ