緊張型頭痛ってどんな頭痛?筋肉の緊張からくる頭痛でリラックスするのが一番

頭痛は辛いものですよね。15歳以上の日本人は3人に1人が頭痛持ちと言われています。多くの人が悩まされる頭痛ですが、頭痛にも大きく分けて2種類あります。

1つは偏頭痛です。そしてもう1つが緊張型頭痛です。緊張型頭痛は最も一般的な頭痛で、このタイプが90%も占めています。では緊張型頭痛とはどのようなものでしょうか。

緊張型頭痛の症状は?ギューッとした痛み

緊張型頭痛の痛みはよく「ヘルメットをかぶったような」と表現されます。偏頭痛の場合はズキンズキンとした痛みが特徴ですが、緊張型頭痛の場合は両側のこめかみから後頭部にかけてを何かでギューッと締め付けられたような痛みを感じます

まずは首や肩のコリを感じ始めて、そのあとに頭痛に発展していくことも多いです。痛みまでいかず圧迫感や締め付け感を感じる人もいます。

吐き気などは伴わないため日常生活に支障をきたすほどではありませんが、午後から夕方にかけて疲労感や倦怠感と共に痛みが現れやすくなります。

緊張型頭痛の原因は?筋肉のストレス

緊張型頭痛は頭の横の筋肉や、首・肩の筋肉が緊張することが直接的な原因です。筋肉の緊張により血流が悪くなることによって乳酸などの老廃物がたまり、それが神経を刺激して痛みとなって現れます。

ではなぜ筋肉が緊張するのでしょうか。それは身体的・精神的ストレスです。

身体的ストレスの多くは無理な姿勢によるもので、パソコン作業などで長時間同じ姿勢を取り続けることなどが挙げられます。

精神的ストレスは言うまでもなく人間関係や仕事のストレスです。精神的に緊張した状態が長く続くと脳の痛みをコントロールする機能が低下して頭痛を引き起こすことがあるのです。

また精神的ストレスを感じている人は慢性的に歯を食いしばる傾向にあり、これが頭や首の筋肉を緊張させることに繋がります。

緊張型頭痛の対処法は筋肉の開放

緊張型頭痛の症状が出てしまった場合はまず筋肉の緊張を和らげることが一番です。マッサージをしたり温めたりすることで首・肩・背中などの血管を拡張させ、筋肉のコリをほぐすことで血行を良くしましょう。

両肩を上にあげてストンと落としたり、首をゆっくり左右に倒す(無理のない程度に)などのストレッチも効果的です。軽い運動はリラックス効果もあるため身体的にも精神的にも有効な方法です。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ