なんて事、つらい更年期に重なる偏頭痛!どうしたら楽になるの?

今まで頭痛で悩む事なんて無かったのに、最近はどうしてこんなに頭が痛くなるんだろう?頭が壊れそう。年齢のせいか、ドキドキしたり、イライラしたりする事が続いているだけでも困っているのに余計にイライラする気がする。

イライラしてるから頭も痛くなるのかしら?これも更年期障害なのかしら?そうしたら仕方がないのかしら。

女性は年齢もある程度になると、どうしてもこのような状態で悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?その壊れそうな頭痛は「偏頭痛」です。

今回は、更年期にある頭痛について調べてみました。

更年期とは一体何なのか?閉経前後がポイントです!

卵巣の機能の働きが少しずつ休む事に進みはじめて、女性ホルモンの分泌が少なくなり「閉経」を迎える前後の時期をいいます。

時期としては、生理不順が長く続く頃と言われています。個人差はありますが、40代から50代あたりになります。

代表的な症状です

人によって症状のでかたには、違いがあります。まず、のぼせ、不眠、イライラする、ドキドキする、などがありこれらの症状の中のひとつに偏頭痛も含まれています。

もし、のぼせやドキドキするなど他の症状も含むて同時にあわられることがなく、「頭が痛い」事だけの時には、更年期が原因ではなくて他の病気が原因の時もあります。危険な病気のサインかも知れませんので早いうちに病院への受診をお薦めします。

更年期に偏頭痛?女性ホルモンが関係している!

更年期障害の偏頭痛の原因として考えられるものには、卵巣機能が低下した事で生じる女性ホルモンの働きが大きく関係していると言えます。

エストロゲンの量が大事です

卵巣の働きを大きくサポートする女性ホルモンのひとつに、エストロゲンがあります。卵巣機能が低下すると、エストロゲンを分泌する事が出来なくなっているので脳が、この時に卵胞を刺激する為のホルモンをだして、エストロゲン分泌の指示をだします。

ところが、機能が低下している卵巣はエストロゲンを分泌する事が出来ないので卵胞を刺激するホルモンだけになります。このようにホルモンのバランスが乱れる事で偏頭痛が誘発されます。

更年期の偏頭痛の薬はあるの?ホルモンです!

更年期の偏頭痛は、買い薬などではその時の痛みの対処にはなっても治るという事は難しいです。更年期の治療も含めて、一日も早く病院への受診をお薦めします。

病院で行われる治療は、「ホルモン補充治療法」になります。これには大きく分けて種類が4つあります。

状態や希望に合わせた服用

ホルモン治療でも、患者が希望する状況によりホルモン投与の仕方が変わってきます。特に閉経後5年以上経過していて、生理が始まる事を希望しない時は「エストロゲン剤プラス、プロゲステロン剤」を連続で投与します。

また、閉経後5年未満で生理が始まる事を希望する時には「エストロゲン剤」を連続投与して、一定の期間をおいて「プロゲステロン剤」を投与します。これで、生理が始まる為の仕組みが作り出されます。

負担の少ない合剤パッチです

「エストロゲン剤」と「プロゲステロン剤」をひとつにして、シールのように貼り付けての治療になります。この長所は皮膚から吸収されて血液中に入る事で胃腸・肝臓への負担が少ない事です。

皮膚が弱い方や、過敏な方はかゆみ等が出る時もありますので医師と相談して進めると良いです。

エストロゲンだけ

特に手術などで、子宮を切除した後での対応になります。この時は、プロゲステロン剤は必要ないのでエストロゲンだけの連続投与になります。

低用量エストロゲン

他のエストロゲン製剤に比べると作用が弱くなります。症状が弱い方等の短い間での使用や高齢の方に使われる事が多いです。膣炎や膣萎縮膣炎の対応に使用されます。

ホルモン治療の効果

女性ホルモンのエストロゲンがある事で、男性に比べて色々な病気から守られています。その為エストロゲンが減少して生じる更年期障害などには大きな効果があります。

ホルモンのバランスは心にも影響

ホルモンの乱れから来る、のぼせ、ドキドキ、発汗や息切れ等の血管運動神経の症状はもちろんの事、不眠やイライラする等の精神的な症状の改善にも個人差がありますが効果が高いです。

自分でも出来る予防は?生活を改めましょう!

病院での治療に加えて、普段から出来る生活習慣を改める事が症状を緩和する事もありますので、紹介します。

ストレス解消しましょう!

毎日の生活の中で、ストレスを避けることは難しいです。ですから少しでもストレスを解消してリラックス出来るように心がけましょう。

  • 一つ目は、入浴等で、かたまった筋肉を柔らかくして血行を良くしましょう。
  • 二つ目は、身体が冷えないようにしましょう。

食品は選びましょう

偏頭痛の原因になるものは数多くあります。もちろんストレス等が原因になっている事もありますが、食べるものが原因になる時もあります。人間食べない訳にはいきませんから少しでも原因になるものを避けるようにしましょう。

  • 一つ目は、グルタミン酸ナトリウムを含む食べ物になります。これはうまみ調味料に含まれる原料で、インスタント食品などの加工品や外食が多い方などは注意が必要です。
  • 二つ目は、お酒には注意しましょう。アルコールが血管を広げて血管の周りにある神経を刺激して偏頭痛を誘発する事にもなります。

1日の終わりに整理しましょう

これは、自分の状況をきちんと把握するためにも、また病院で医師に説明する時等にも役立ち診断にもプラスになります。

頭痛が発症した日や時間、天気、気温、湿度、食べた物、痛みの具合、痛い箇所、痛みがどのくらい続いたか、などを記録して見る事で自分で判断出きる事も出てきます。

まとめ

更年期の女性は、体調が悪くなった時に更年期障害だから仕方がないと諦めてその場しのぎの対応をする方も多くいるのですが、体調の悪くなっている原因の全てに当てはまるとは限りません。

糖尿病・脳梗塞などの、他の病気が原因の時もあります。症状を諦めずに早めに病院での受診と治療をお薦めします。

また、自分でも出来る簡単な対処方法をご案内させて頂きましたので是非お試し下さい。辛い時期ですが、少しでも軽く過ごせるようにしましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ