日本人の3割が頭痛持ち!命に関わらなくてもQOL(生活の質)に影響する!

頭痛には大きく分けて頭痛自体が病気の症状である「一次性頭痛」と、くも膜下出血や脳腫瘍など原因となる疾患があって、その影響で頭痛がおきる「二次性頭痛」の2種類があります。

頭痛を訴える人のほとんどが一次性頭痛によるもので、直接命に関わることはあまりありませんが、日常生活に支障をきたす場合も少なくありません。

緊張型頭痛が他の頭痛と違う点

一次性頭痛では偏頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛の3種類が代表的です。中でも緊張型頭痛はその頻度や持続時間が他の二つと違って一定せず、いつの間にか痛み始め、はちまきで頭を締め付けられるような痛みや後頭部の痛みが長く続くのが特徴です。

またその痛みは群発頭痛のように我慢できずに転げまわるほどになることはなく、何とかガマンして動ける程度である場合がほとんどです。

頭部の筋肉が緊張することによっておきるこの頭痛は、肩や首のコリがひどい場合や、精神的なストレスによって誘発されることもあります。

緊張型頭痛発症のメカニズム

緊張型頭痛のメカニズムは不明な点もまだありますが、頭部の筋肉の緊張や筋肉を調節する脳機能の異常、脳が痛みに過敏に反応することなどが関係しているようです。

頭部の筋肉とはどこでしょうか。肩から続く後頭部付近やこめかみ辺りの側頭部、額の辺りの前頭部にも筋肉が分布しています。そして後頭部と肩の筋肉は連続しているため、緊張型頭痛は肩こりに伴って現れることが多いのです。

また二日酔いでも頭痛が生じますが、アルコール分解時にできるアセトアルデヒドが頭部の血管を押し広げ、それが周りの筋肉や神経を刺激するというメカニズム、これが緊張型頭痛のそれと同様であるとの見解もあります。どちらの頭痛も同じ後頭部の筋肉が痛むからです。

薬に頼らない予防と解消方法

緊張型頭痛はストレッチなどで体を動かしたり、マッサージや入浴などで症状が改善することが期待できます。また例えば姿勢の悪さや枕の高さが合っていない、目の疲れなどの肉体的ストレスも原因として挙げられます。

心身ともにストレスを溜めないように、運動や音楽、正しい姿勢など自分に合ったストレス解消法を見つけることも大切です。偏頭痛治療にはトリプタンという痛みが始まってから服用しても効果が期待できる画期的な薬がありますが、緊張型頭痛にはそのような特効薬はまだないため、むしろ生活習慣の改善が必要となってくるのです。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ