コーヒーが偏頭痛にいいって本当?

偏頭痛にはコーヒーがいいということが、近年話題になっています。

いったいなぜコーヒーが偏頭痛にいいのか、その理由を見てみましょう。

カフェインの働きで

コーヒーにはカフェインが豊富に含まれていますが、そのカフェインは血管を収縮させる働きがあります。偏頭痛の発作は血管が広がるときに起こるので、コーヒーを飲むことで血管を収縮させ、痛みを抑えられるという仕組みです。

カフェインは脳の働きを活性化する作用があることでも知られていますね。眠気が覚めたり仕事に集中しやすかったりするのはこのためです。これらの働きはカフェインにあるため、コーヒーに限らずカフェインが豊富に含まれている紅茶などでも同じような効果を得られます

他には緑茶などにも含まれています。ですからコーヒーが苦手という人でも、紅茶や緑茶を飲んで偏頭痛の対処ができますね。

飲み過ぎには注意

いくらコーヒーが偏頭痛にいいといっても、やはり適量や飲み方に注意しないと逆効果になってしまいます。もし偏頭痛のために飲むのであれば、症状が極めて軽いうちに飲むことが大事です。すると血管が収縮し、応急処置ができます。

前もって飲んでいても、痛みを防ぐというわけではありません。
そこを勘違いしてしまい1日中浴びるようにコーヒーを飲んでしまうと、睡眠に影響を及ぼしてしまいます。寝付きが悪くなってしまうと睡眠不足になって疲労が溜まり、結果的に偏頭痛悪化に繋がってしまいます。

カフェイン依存症の危険も

また、カフェインは摂りすぎると依存症になります。依存症になると頭痛が起きたりだるくなったり、精神的に落ち込んだりします。偏頭痛以外にも頭をスッキリさせる効果があるので、コーヒーは欠かせないという人もいるでしょう。

でも飲み過ぎはやはり禁物です。1日3杯ぐらいに留めておき、夕方以降は飲まないようにしましょう。朝目覚めの1杯、そして10時と3時ぐらいにティーブレイクというぐらいがちょうどいいのではないでしょうか。また、空腹に飲むのもあまりよくないので、軽いものを一緒に食べるといいですね。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ