小さい頃からの偏頭痛に悩み!意識を変えることで症状を軽く出来た 女性 27歳 S.K.さん

小学生の頃から偏頭痛に悩まされてきました。その症状は様々な状況で出てきたのですが、一番多かったのは人混みに行くと発症するケースです。

学校行事では人混みの中での行動が殆どになりますので、運動会や学芸会、遠足、校外学習など凡ゆる時に偏頭痛とそれに伴う吐き気が止まらなくなり、保健室に駆け込むことも少なくありませんでした。

症状は徐々に増大!

中学、高校、大学と年齢を重ねるにつれ、受験のストレスにより更に偏頭痛の症状が出る回数が多くなりました。勉強を頑張るあまりに睡眠不足に陥り、翌日割れるような頭の痛みで起き上がれない事もありました。

また台風や大雨など、天気が曇ってくると、目の奥とこめかみの辺りが締め付けられるような痛みが出ていました。できる限り休日で天気が悪い日は家の中で過ごしたり、近場で遊んだりするよう心掛けていました。

社会人になってからも完全な改善はみられず…

偏頭痛に悩まされながらも就職活動に励み、就職したのですが、やはり症状は変わらず、突然痛みが出て職場の皆さんに心配をかけてしまわないか不安を感じながらいつも過ごしていました。

ある時職場の上司と話をする中で、上司も偏頭痛持ちだということを知りました。気持ちが分かるということで安心感を得られましたし、少し心が軽くなったようにも思いました。

対処は早めに!生活リズムを整えて

偏頭痛は突然来るものなので、いつも睡眠をキッチリと取ることを意識して、お腹が空くと体調が悪くなり同時に偏頭痛が来るのアメやグミなどを持ち歩いていました。

特に、電車やバスなど公共機関では対処に遅れてしまうこともあるので、前日から慎重に体調を整えていました。社会人になり体力が衰えたこともあってか、立ち仕事を長時間続けると偏頭痛が引き起こされることもあったので、同じ姿勢を長く続けないようにしていました。

また、少し動きすぎたな、と感じた時にはお手洗いで軽いストレッチを行ったり、座って一瞬リラックスする時間を作ったり工夫をして生活をしています。

食品による偏頭痛があると知って…

偏頭痛を引き起こしやすい食品があることを知ってから、意識してその食品を控えるようにしました。しかし、元々好きだった食品が多かったので、少し量を抑えて摂取するようにしています。

コーヒーが大好きなのですが、カフェインによる偏頭痛で後悔をすることが多かったので半分程牛乳を入れていつも飲むようにしています。ナッツ類も過剰摂取しないように決め、小分けしておやつにしています。

両親も偏頭痛持ちだったので、遺伝的な面もあり一生付き合っていかなければならないことは大変苦しいですが、少しでも日常生活を安心して過ごせるように努力することが大切だと身にしみて感じています。

症状が出たら横になれる時は直ぐ横になりますし、ストレスを溜めず無理をしないということが最も大切だと感じています。今後も自分の健康と生活の為に、気をつけてライフスタイルを整えたいと思います。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ