偏頭痛に吐き気が伴うのは何故?まずは医者に相談を

偏頭痛そのものも辛いですが、ときには偏頭痛に吐き気が伴うことがあります。

なぜ、吐き気まで感じてしまうのでしょうか?

また、吐き気を伴う偏頭痛はどのように対処したらいいのかについても紹介をします。偏頭痛ではなく、別の要因がある場合もあります。

偏頭痛に吐き気が伴うことがある理由

偏頭痛が起こる原因はなんらかの要因で頭の外側にある太い血管が拡張してしまうからです。血管の拡張によって三叉神経という頭の神経が刺激されて痛みを感じるのが偏頭痛です。

吐き気が伴うことがある理由は、この三叉神経の近くに嘔吐中枢があり、影響を受けてしまうことがあるからです。嘔吐中枢は吐き気を制御する神経で、ここが刺激されると腸間膜動脈という腸にある血管に間違った指令を送ってしまい、消化管の動きを乱してしまいます。

吐き気を伴う偏頭痛には吐き気止めを

偏頭痛に吐き気を伴っている場合は医者に相談をして、頭痛薬だけでなく、吐き気止めも処方してもらうと良いでしょう。脳の血管と三叉神経に作用して偏頭痛を静めるトリプタン系薬剤に加えてナウゼリンやプリンペランなどの吐き気止めを処方されることが一般的です。

ナウゼリンやプリンペランなどは胃腸の動きを正常に戻すのと同時に、頭痛薬を吐き戻してしまうことも防ぎます。とても酷い吐き気で錠剤を服用しても吐いてしまう場合は点滴をする場合もあります。

注意が必要な偏頭痛

通常の偏頭痛ならば薬で対処をして少し休むだけで問題はありませんが、注意をしなければならない偏頭痛もあります。熱中症と妊娠です。熱中症は喉が渇いたという自覚症状がないまま進行していることがあります。

中度の熱中症の場合頭痛と吐き気を感じることが多く、ただの偏頭痛だと判断してしまうととても危険です。身体を冷やし、十分な水分を摂って安静にしましょう。初期や中期の妊娠期間中もつわりの症状として頭痛と吐き気を感じる場合があります。

妊娠中は飲まないほうが良い薬もあるので注意が必要です。突然の強い吐き気と頭痛はクモ膜下出血を疑われることもあり、CT検査をすることもありますが、これはあまり妊娠中には好ましくない検査です。

女性は偏頭痛や吐き気を感じた時に妊娠の可能性がないか考えてみましょう。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ