どうにかしたいつらい偏頭痛!その対処方法と画期的な漢方薬治療とは?

一度起きると死ぬほどつらい偏頭痛、どうしたらよくなるの?

そんな悩みを抱えている女性は数多くいらっしゃるのではないでしょうか。

なぜ偏頭痛は起きるのか、どうしたら頭痛発作を減らすことができるのか、頭痛が起きにくくなるような体質改善はできるのかをご紹介したてみたいと思います。

偏頭痛、それは本当に厄介な症状

多くの方が悩んでいる偏頭痛。その痛みは本当につらいものです。ズキズキと拍動性の痛みが続き、ひどくなると嘔吐の症状まで出てきてしまい、日常生活はおろか、病院の受診すらままならない状況になってしまっている方も多いのではないでしょうか。

一度痛み出すといつ、この痛みが終わるのかと不安に陥ってしまう方も多いことでしょう。普段は気にならない感じ、テレビやスマートフォンの光や音、ニオイなどに敏感になって、それだけで痛みや吐き気がひどくなってしまうのが特長です。

偏頭痛の主な症状と前兆

偏頭痛は男性よりも圧倒的に女性に多い症状です。片方のこめかみから目の奥を中心にして、ズキズキと拍動性の激しい痛みを生じます。偏頭痛とは言いますが、片方だけではなく、両方のこめかみや、頭全体に至るまで、痛みを感じることがあります。

人によっては痛む前に、あくびがたくさん出たり、目の前がチカチカして光が見えたり、視界がぼやけるといった前兆がある場合もあります。

なぜこんなにもひどい症状が起きるのか?

現在わかっている偏頭痛が起きるメカニズムは、何らかの原因によって脳の血管が拡張すると、その血管の周囲にある頭の中で一番大きな神経の三叉神経が圧迫されることによって、三叉神経から痛みの元になる成分が放出されてようになります。

すると、さらに血管を圧迫して刺激するようになり、大脳に痛みの信号が伝わるようになり、頭痛としての痛みを感じるようになってしまいます。頭痛が起きた時に吐き気を伴う方も多いと思われますが、痛みの情報が大脳に伝わる際に、吐き気をコントロールする嘔吐中枢にも同時に刺激を与えてしまうため、そのような症状が出現すると考えられています。

鎮痛剤だけでは効かない頭痛への新たな対処法!それは漢方薬!

市販の鎮痛剤や、病院から処方される鎮痛剤を長期間常用していると、効きが悪くなったと感じる方も多いのではないでしょうか。鎮痛剤を多用すると薬物乱用頭痛といって、薬の飲み過ぎによりかえって頻繁に頭痛が起きるということにもなりかねません。

そのような時にぜひ試していただきたいのが漢方薬です。漢方薬の場合は、個人の体質や症状によって処方が変わるため、ある意味オーダーメイドのような処方をしてもらうことができます。

偏頭痛に主に用いられる漢方薬は、ゴジュユトウ、ゴレイサン、カッコントウ、ハンゲビャクジツテンマトウ、チョウトウサンなどになりますが、頭痛の予防や体質改善にはゴジュユトウがよく効くことが知られています。

頭痛発作時にはゴレイサンを服用すると効果的なようです。ひどい肩こりを伴う頭痛の場合は、血行を良くする働きのあるカッコントウがよく効きます。

また、めまいを伴う頭痛の場合にはハンゲビャクジツテンマトウ、気圧低下による頭痛にはチョウトウサンが効果があるといわれています。このように、漢方薬は個人個人の症状や体質によって処方が変わりますし、体質改善によって頭痛が起きにくくさせることも可能になっていきますので偏頭痛に苦しんでいる方には、ぜひ一度漢方専門医がいる漢方科の受診をおすすめします。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ