鎮痛剤が手放せなかった偏頭痛!ずきしらずの実で解消できるのか? 女性 42歳 M.A.さん

親子で偏頭痛持ちです。母がもともと偏頭痛が強くいつも鎮痛剤を使用していました。

私もそれを見て、辛そうだなと思っていましたが、30代を超えてから、偏頭痛がするようになりました。

そして鎮痛剤が手放せなくなってしまったのです。そんな時に紹介されたのが、「ずきしらずの実」です。

これを飲んでみて、本当に楽になったので、その体験談をご紹介します。

ずきしらずの実との出会い

母の知人で看護師がいます。看護師は夜勤などもこなす忙しい仕事ですね。その彼女は偏頭痛持ちで、仕事をするために鎮痛剤を使用していたそうです。彼女は、若い時からの鎮痛剤使用で、結婚した後も子どもへの影響が怖くて、子供をあきらめたというほどのひどいものだったのです。

その彼女は出会ったのが、東洋医学先生。そして治療を受けて随分楽になったそうなんです。彼女は、専門的な治療を受けていましたが、その先生がおすすめするのが、ずきしらずの実だったのですね。そして私たちに教えてくれたのです。

ずきしらずの実に含まれる成分とは

偏頭痛の原因は、セロトニンの影響をうけ、血管の収縮、その後一気に拡張するために偏頭痛が発生すると言われます。私はもともと冷え性と低血圧があったために余計、天候や生理前に偏頭痛を起こしやすかったと思います。

自分でも体質を変化させようと努力をしていましたが、なかなか改善させるのは簡単ではありませんでした。そしてずきしらずの実を勧められるままに飲みはじめたのです。ずきしらずの実の中には、マグネシウムやフィーバーフューが入っています。

マグネシウムは、私たちの身体に必要なミネラル成分であり、血流をよくする作用や血管の凝固を防ぐ作用があります。フィーバーフューは、抗炎症作用があるハーブの一種です。

女性の身体に優しいイソフラボンも入っている

このずきしらずの実の飲んで一番うれしいことは大豆イソフラボンが含まれていることです。大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きがあるので、女性がよく直面する月経前症候群などにも対処できるものでした。

またわたしはこれから少しずつ更年期に入っていく年代なので、この成分が含まれていることは、女性の身体にとってとても嬉しいことだと思いました。ずきしらずの実を飲みはじめて、少しずつですが、私も母も鎮痛剤を使用する回数が減ってきたと感じています。

つまりずきしらずの実の効果があると言えます。まだ完全に鎮痛剤を手放すことはできませんが、少しずつ減量し、偏頭痛を改善させていけるように続けていきたいと思っています。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ