15年近く偏頭痛に悩まされてきました!そんな中年男がこの先どうしていくか 男性 43歳 M.A.さん

もうかれこれ15年ほど前のことです。29歳でクリエイターになるという夢を捨て、東京をはなれました。実家は埼玉の片田舎で、バスが1時間に1本あるかないかのようなところです。

正直、この先何をしていこうか、まったく定まってはいませんでした。それでも、携帯電話を販売する仕事につきました。始めてみると、仕事自体にはそれほど不満はありませんでした。

が、その頃からなのです、私が偏頭痛に悩まされるようになったのは。

どうしたらいいのか!?まさに原因不明の偏頭痛

当然、病院にいき医師に相談しましたが明確な原因や対策は提示されませんでした。いくつかの病院で相談しましたが、どこでもほぼ同じです。

決まって言われるのは、原因はストレスであるということです。もっとリラックスすれば、偏頭痛はしなくなる、というようなことでした。

ただ、仕事自体、比較的うまくいっていましたし、人間関係も別に悪くありませんでした。ストレスを感じるようなことは、思いあたらないのです。

姿勢が悪いので肩がこることはあるのですが、リラックスできていないということはありません。緊張をほぐすために、職場の近くにあるスーパー銭湯に通いなさい、というようなアドバイスももらったのですが、金銭的な面も含め、あまり現実的な対策とはいえませんでした。

さあ、どうしたらいいのでしょう?

わかちあえる仲間がいた!同僚も偏頭痛持ちだった

偏頭痛で悩まされる人って意外と多いのだなぁと気づかされることがありました。同じ職場の仲間にも偏頭痛持ちがいたのです。彼女の話を聞くと、まさに自分と同じ境遇でした。

原因不明、対策も特になく、一応、医師から処方された飲み薬を所持していましたが、あまり効かないとのことでした。笑い話のような話ですが、もう藁をもすがる気持ちだったのでしょう。

どこから探してきたのか、彼女は偏頭痛に効くという画像を携帯電話の待ち受けにするということをしており、それを自分にも薦めてきました。

そんな神がかりみたいなことにまですがるほど悩まされていたということです。もちろん、そんなことで偏頭痛がなくなるなんていう甘い話はありませんでした。

少なからずわかってきたこと。自分なりの対策方

それから約15年たちました。更に転職し、といっても職場を変えただけで、同じく携帯電話を販売する仕事を今でもしています。相変わらず、偏頭痛には悩まされています。

ただあの頃のように、やみくもにどうしたらいいのかわからない、というような状態からは抜け出せつつあります。原因としては、ストレスというよりは疲れからくるものなのかなぁと思っています。

寝不足だったりすると、やはり偏頭痛は起こりやすいですし、午前より午後、特に夕方から夜にかけて起こることが多いです。脳が酸欠状態になるような感じで、あくびが極端に出るようになります。

以前は、とにかく一旦睡眠をとる、というのが改善策だったのですが、さすがにそう簡単に業務中、睡眠をとる訳にもいかず、もっぱら最近の対策は、市販の痛み止めを飲むという、非常にオーソドックスなものです。

でも、薬を飲めば、30分ほどで痛みは感じなくなります。本当にこれがベストな方法なのかはわかりませんが、15年で自分が行き着いたのはここです。

これから先も偏頭痛とは付き合っていかなくてはならないなぁとは思っています。いまや、偏頭痛が自分の生きている証でもあるのかもしれません。そうポジティブに考えていくことが必要なのかもしれません。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ