雨の日のつらい偏頭痛に気をつけたい3つのこと

雨の日が続くとどうも調子が出ないというひとはたくさんいると思います。その中で一番悩みが多いのが偏頭痛です。ただでさえ憂鬱な気分なのに、そこに被さるようにして起こる頭痛。

仕事や家事がはかどらず、イライラもやもやしていることと思います。そんなひとに必見の、偏頭痛を楽に解消できる方法を紹介したいと思います。

その1:体を温めること

雨の日は気温がぐっと下がります。油断していつも通りの服装でいると、実は体を冷やしているということはよくあります。体を冷やすことで、血流が滞り体のいろんな箇所に支障をきたします。偏頭痛の要因となる血流の悪化の原因に響きます。

夏場は特に油断大敵で、特に足元を冷やさないようにしましょう。サンダルなど素足の場合はくるぶしがしっかり隠れるくらいの靴下を履きましょう。

お出かけされる場合は、濡れたら履き替えれる用に替えを持っておくのもいいと思います。靴下が濡れてしまうとまた冷えてしまうので。体が暖かくなると、血流がよくなり、頭痛も軽減してゆきます。

その2:姿勢を正すこと

デスクワークなどずっと同じ姿勢のままのひとは、特に気をつけていただきたいことです。ずっと同じ姿勢というのは、どのような姿勢であれ、身体に大きな負担を与えています。

同じ姿勢で30分を超えるごとに身体の歪みが起こります。そして抑圧された筋肉の箇所の血流が滞り、凝りが出てしまい、そして頭痛を引き起こしてしまいます。

30分に1回必ず姿勢を整えましょう。立ち上がるだけでも結構ですし、腕を上に上げたりするだけでも随分変わります。伸びをするもよし、首を軽く傾けるだけでもいいです。

それと、一緒に目のストレッチも一緒にできるとなおいいです。眼球を上、下、右、左、最後にぐるっと一周回すだけでオッケーです。特にパソコン画面で凝った目にはよく効きます。

その3:軽い運動を心がけよう

雨の日で外に出ずらい、動くのが面倒だなという日も、軽い運動を心がけましょう。外に出かけづらいと思いますので、お家やオフィスなどで簡単な運動をするだけでも血行がよくなります。血行だけでなく、運動によって出るセロトニンが落ちてる気分も上げてくれます。

一番効果的なのはリズム運動で、ランニングやウォーキングやダンスなどがそうですが、そんなたいそうな運動でなくても効果は出ます。たとえば、椅子に座ったままかかとを「いち、に」、と上げる運動です。両足10回づつなど自分でできる範囲やってみましょう。

とにかくリズムを意識できる運動ならなんでも効果があります。自宅などでもう少し運動ができるという方は、ラジオ体操を行うのもいいでしょう。思い出せる範囲で腕を振ったり深呼吸をしたりでも十分効果が出ます。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ