知って安心!雨の日になる偏頭痛の原因は?

雨の日に限って偏頭痛になるという人は多いですよね。

自覚していなくても、よくよく考えてみると雨はいつも頭が痛かったと気付く場合もあります。

いったいなぜ天気が悪いと頭が痛くなるのか?その原因を探ってみました。

気圧が関係する!

雨の日、もしくは曇りの日になると偏頭痛が起きるという人は、低気圧頭痛の可能性があります。もしくは気圧変調性頭痛と呼ぶこともありますね。

低気圧が近づくと雨、曇り、台風と天気が乱れます。この低気圧は天気だけではなく、人間の体内にも影響を及ぼします。

例えば自律神経に乱れが生じたり、血管が拡張したりします。すると偏頭痛のように痛みがズキズキと起こってしまうんですね。

気圧の変化に弱いのは個人差があり、男性よりも女性が多いです。偏頭痛自体が女性の患者が多いので、あらゆることに影響されて脳の血管が拡張・収縮しやすいのではないかとも考えられます。

また、緊張性頭痛の人も低気圧が原因となって体調を崩すこともあります。お酒や食べ物といったものなら避けるのは簡単なのに、天気の場合はどうしようもないですね。しかし早めに察知することで、対処もしやすくなります。

ですから雨の日のたびにまともに動けないという人は、常に天気をチェックしておくといいでしょう。最近では気圧の変化がチェックできるスマートフォン向けのアプリがあり、頭痛持ちの人に役だっています。スマートフォンユーザーは試してみるのもいいのではないでしょうか。

まだ医学的な根拠ははっきりしていませんが、低気圧頭痛になりやすい人は頭蓋骨が硬いのが原因という説もあります。山の頂上に登ると気圧が低くなりスナック菓子の袋はパンパンになりますが、このような状況は人間の体にも影響があります。

頭が硬いから膨張(血管が拡張)したときに三叉神経が刺激され、痛くなってしまうということですね。実際に偏頭痛の人は登山をすると体調を崩しやすくなりますので、何かしら関係はあるかもしれません。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ