偏頭痛対策には食事が有効?頭痛に効く食べ物を紹介!

現代では多くの人が偏頭痛に悩んでいますが、その痛みは本人にしか分からないために周囲になかなか理解されずに困っている人も多いはずです。そんな偏頭痛の痛みを抑えてくれる食べ物があるとしたら、多くの偏頭痛持ちは積極的に摂取したい考えるのは当然のことです。

そこで今回は、偏頭痛に効く食べ物について紹介していきますが、反対に偏頭痛にとってよくない食べ物も紹介します。

食生活が大事?偏頭痛によい食べ物・悪い食べ物

まずは、偏頭痛に効く食べ物についての概要を説明します。

食べ物には頭痛に効くもの、頭痛の「タネ」になるものがある

食べ物には様々な栄養素が含まれており、身体に良い働きをもたらすものや、反対に身体に余計な負荷をかけてしまったり、摂取しすぎると病気のもとになってしまうものがあります。

同様に、食べ物の中には頭痛の痛みを和らげるものや、逆に頭痛のタネになってしまうものもあるのです。偏頭痛に悩まされているならば、当然、頭痛を引き起こす食べ物は極力避けて、頭痛になりにくいものを食べるようにしなければなりません。

どんな食べ物であっても、採りすぎはNG

ただし、どんなに頭痛に効く食べ物であっても採りすぎはNGです。たとえ偏頭痛に効くからといって無尽蔵に同じ食材ばかりを摂取しては栄養のバランスが崩れてしまいますし、徐々に食材による効果がなくなってきてしまいます。

何事もバランスが大事ですから、いくら偏頭痛を抑えるためとはいえ、同じ食材ばかり集中して採ることは避けるべきです。まずその点だけは注意しておきましょう。

食材に要注意?偏頭痛を誘発する食べ物

それでは、実際に偏頭痛を引き起こしやすい食べ物について具体的に上げていきます。

痛みを引き起こす食べ物がある?

まず、偏頭痛を誘発してしまう可能性のある食べ物についてです。ただし、一つひとつの食材を挙げていくと大量になってしまうため、ここでは食べ物に含まれる物質について紹介します。

具体的には、以下の物質が含まれる食材は要注意です。

    <偏頭痛を誘発しやすい物質>

  • ポリフェノール
  • チラミン
  • グルタミン酸(ナトリウム)

これらは偏頭痛に繋がる物質とされていますから、偏頭痛の兆候がある場合はこういった物質が含まれる食物を控えるようにしましょう。

具体的な食べ物の例

それでは、これら一つひとつの物質が多く含まれる食べ物について例を挙げてみます。まずはポリフェノールが多く含まれる食べ物の代表です。

    <ポリフェノールが多く含まれる食べ物>

  • 赤ワイン
  • チョコレート
  • ブルーベリー

次にチラミンが多く含まれるものは以下のようなものです。

    <チラミンが多く含まれる食べ物>

  • チーズ
  • ビール
  • チョコレート

チョコレートはポリフェノールとチラミンともに豊富に含んでいるため、偏頭痛持ちは特に注意が必要ということになります。最後にグルタミン酸ナトリウムです。

    <グルタミン酸ナトリウムが多く含まれる食べ物>

  • ポテトチップス
  • カップ麺
  • ソーセージなどの加工肉
  • ドレッシング

いわゆる「ジャンクフード」や「スナック菓子」に多く含まれていることがわかります。慢性的な偏頭痛に悩まされているならば、こういった食べ物を控えることが大事です。見ての通り、これらの食物の食べすぎは栄養バランスも崩してしまうこともわかります。

偏頭痛に効く食べ物は?症状が緩和する良物質

今度は逆に、偏頭痛に効くといわれている物質について説明します。どれも日常的な食べ物に含まれているものばかりです。

頭痛に効く物質は?

反対に、偏頭痛に効く食べ物に含まれる成分は「マグネシウム」「オメガ3脂肪酸」「ビタミンB2」の3つです。

これらの栄養素が含まれている食べ物を積極的に摂取することによって、無理せずに頭痛を緩和することができるようになります。

特に重要なのは血管を収縮される効果!

偏頭痛は脳内の血管が拡張して、周囲の神経を圧迫したり引っ張ってしまうことによって痛みが生じるものです。上記の3つのうち、特にマグネシウムは血管を収縮させる効果があるため、痛みが出てきたときはマグネシウムを含む食べ物を摂取するのが有効となるケースが多いのです。

症状が緩和される食材は?具体的にみてみよう

それでは、実際に偏頭痛の症状が緩和される食材についてみてみましょう。

マグネシウムを含む食べ物

既に説明したように、マグネシウムは拡張した血管を収縮させる効果があります。それによって頭痛の原因となる血管の拡張を抑えることができ、頭痛対策として非常に有効です。

マグネシウムが多く含まれる食べ物は納豆やアーモンド、ごまなどの豆類が多く、のりやわかめなどにも豊富に含まれています。

オメガ3脂肪酸を含む食べ物

オメガ3脂肪酸は血液中の脂質の濃度を下げる成分がありますが、同時に抗炎症作用もあります。脳内の血管拡張による炎症に有効ですので、偏頭痛にも効果があるわけです。

具体的な食べ物は鯖や鰯、サーモンなどの魚類が多く、クルミや枝豆などにも多く含まれています。

ビタミンB2を含む食べ物

ビタミンB2は二日酔いに効くといわれていますが、偏頭痛による痛みにも効果があります。血圧を下げる効果もあるため、ビタミンB2を含む食材を食事に一つは入れておくとよいでしょう。

具体的な食べ物としては牛や豚などの「レバー」や牛乳、あるいは卵などに多く含まれています。

水分も重要?脱水に気をつけよう!

最後に、偏頭痛にとっても重要な「水分補給」について説明します。

水分補給は重要!

身体の中の水分が不足してしまうと、偏頭痛に限らず様々な不調の原因となってしまいます。特に血管の拡張が原因となる頭痛の場合、血液がドロドロになることで脳の血管に負担がかかり危険な状態になりかねません。

ですので、適度に水分を補給して血液の流れをよくしておく必要があります。

水分を多く含む食材をとろう!

飲み物で水分補給をするだけでなく、積極的に食べ物から水分補給をすることも偏頭痛対策として重要となります。代表的なものとしてはトマトやキュウリなどの夏野菜には水分が大量に含まれています。栄養のバランスを考えてこういった野菜を積極的に食べることも頭痛対策として有効なのです。

まとめ

偏頭痛によい食材・悪い食材を具体的にみてきました。特に本記事で挙げた栄養物質を含む食材は本当にたくさんありますから、ぜひ自分なりに調べてみてください。そして日頃の食生活に応用してみましょう。

病気も頭痛対策も日頃の食事で決まるのですから、普段からどういった食べ物を食生活に取り入れるのかを自分なりに考えてみてください。そういった小さな努力が長い目で見れば、薬に頼らない偏頭痛対策として極めて有効なのです。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ