偏頭痛と相性の悪い食べ物ばかり食べていませんか?

偏頭痛持ちの人は、薬を服用したり体を休めたり、いくつか自分なりの痛みの和らげ方を知っています。

痛みが治まり、さぁ食事を取ろうという時、その食べ物が頭痛を引き起こす原因のひとつになっているとしたら、その痛みはまた振り出しに戻ってしまいます。

実は食べ物の中にも偏頭痛と相性が良いもの、悪いものが存在します。少しでも痛みが軽減できるよう、偏頭痛と食べ物の関係について見てみましょう。

やっぱりお酒は控え目に

言うまでもなく、お酒との相性は悪いと言えるでしょう。偏頭痛の原因は明らかにはなっていませんが、何らかの理由によって血管が拡張し、その際に神経が引っ張られ刺激が起こり、それが痛みになると言われています。

お酒を飲むとアルコールは体内で分解され、その際にアセトアルデヒドという毒素を発生させます。それがいつまでも体内に残っていると、翌日は二日酔い、ということになるのですが、そのアセトアルデヒドを中和させるためにたくさんの酸素を取りこもうとします。

その作業に血管を拡張する働きがあるのです。特にワインに含まれるポリフェノールは、血管を拡張させる成分を多く含むため注意が必要です。

また、睡眠過多も偏頭痛を引き起こすきっかけの一つでもあるので、お酒の飲み過ぎには十分気をつけましょう。

チョコレート大好き!だけど…

一見偏頭痛とは関係のなさそうなチョコレートですが、適度に食べることをおすすめします。チョコレートにはポリフェノールが含まれており、ポリフェノールの働きについては前項でも少し触れました。

ただ、チョコレートが偏頭痛にあまり良くないと言われるのはそれだけでなく、チラミンと呼ばれる成分も理由の一つです。チラミンは血管を収縮させる作用があります。

「あれ?収縮させるならいいんじゃないの。」と一瞬思ってしまいますが、チラミンを多量に摂取してしまうと、数時間後チラミンの収縮作用が消えてしまいその反動で血管が拡張してしまうのです。

チラミンを含む食べ物としては、カカオが材料となるチョコレートやココア、チーズや漬物などの発酵食品、鶏のレバーや柑橘系の果物等です。

朝食で毎日食べるハムやソーセージ

料理に使うのが簡単だからと、冷蔵庫にストックしている人も多いハムやソーセージ。これも偏頭痛とあまり相性が良くありません。ハムやソーセージなど食肉加工品には亜硝酸塩という成分が含まれますが、見た目を良くするための発色剤としてと、酸化防止剤としての役割があります。

毒性のある亜硝酸塩が人の体の中に入り込むと、体内はアレルギー物質として認識しそれを追い出すために抗体を作り出そうとしますが、その時に発生する物質に血管を拡張させる作用があると言われています。

亜硝酸塩はたらこやイクラの着色剤として、ワインの酸化防止剤としても使われていることが多いです。ただ、この亜硝酸塩に関しては偏頭痛だからというわけでなく、健康のためにも日頃から意識してみるのが良いでしょう。

進んで食べたいもの

偏頭痛が起こってる時、体内では血管や神経や筋肉などが変化を起こしていますが、この時通常の人よりも少なくなっているものが、マグネシウムです。

マグネシウムは血圧や体温の調整や、乳酸の蓄積を防ぐことで筋肉をほぐし頭痛の発生を少なくさせたり、カルシウムと連携して血管や神経などの緊張と弛緩のバランスを保つなどの働きがあります。現代人はマグネシウムが不足しがちですので、意識して食材を選んで補う必要があります。

特にマグネシウムが多く含まれ手軽に食べられるのがアーモンドです。他に、昆布やヒジキなどの海藻類、大豆やごま、玄米など積極的に取り入れてみましょう。食事は生きていくうえで欠かせないものです。

偏頭痛の原因はまだまだはっきりしていませんが、毎日の食事によって痛みを軽減する可能性があるということを知り、偏頭痛と上手く付き合って行きましょう。ただ、相性が悪いから全く食べない、いいものだから大量に摂るではなく、適度にバランス良く、が一番大事であることをお忘れなく。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ