頭を締めつけられるような鈍い痛みの正体!それは緊張型頭痛かも!

年齢性別に関係なく発症する緊張型頭痛ですが、実は慢性的な頭痛の中で最も多いとされまています。

後頭部から首筋にかけて頭全体がギューッと締めつけられるような鈍い痛みは「西遊記の孫悟空の金輪」によく例えられ長くだらだらと症状が続きます。

そんなつらい緊張型頭痛が起きる原因と治療方法をご紹介します。

どうして緊張型頭痛が起きるのか?

長時間のデスクワークや車を運転するといった同じ体勢をとり続けることで起きる身体的なストレス、不安・心配による精神的なストレスが原因として挙げられます。

頭痛の症状のほかに、肩のこり、首のこり、フワフワするめまい、全身の倦怠感といった症状も伴うこともあります。また日常生活に支障が出るほど激しい痛みではないため、そのまま放置して偏頭痛に移行するといったケースも多いので注意が必要です。

緊張型頭痛の治療法

緊張型頭痛にはときどき頭痛がする反復性緊張型頭痛と、ほぼ毎日頭痛がする慢性緊張型頭痛で2つのタイプに分けられ、治療法や対処法がそれぞれで異なることがあります。

反復性に対してはイブプロフェン・アセトアミノフェンといった非ステロイド性抗炎症薬を処方されることが多いのに対して、慢性の場合は長期的に薬物を服用することで頭痛が悪化したり、胃腸への負担が大きいため服薬はあまり有効でないそうです。

また精神的なストレスが頭痛の原因である場合、首・肩の筋肉の緊張をほぐす筋弛緩薬や抗うつ剤、抗不安薬などが処方されます。薬の服用以外で治療する方法としては、マッサージ・ストレッチ・低周波治療・電気治療・湿布・鍼が挙げられますが、劇的に改善するとは言い難いようです。

自分で出来る対処法

自分で緊張型頭痛を和らげる方法として、長時間同じ姿勢をしないように意識したり、温めたタオルを首回りに巻いて緊張した筋肉をほぐしたり、入浴することで筋肉をリラックスさせるのもよいでしょう。

また、緊張型頭痛に効くツボとして首筋の付け根にある「天柱」を押すのも手軽にできて効果的です。とはいえ精神的なストレスで引き起こされることが多い病気なので、日頃気持ちに余裕を持って過ごせるように工夫し、普段のストレスをこまめに解消することが大切です。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ