いつもと違う吐き気などを伴った頭痛が起きたら?偏頭痛と思って専門の病院へ! 女性 50歳 Y.Y.さん

私の記憶では、小学後4年生くらいでした。実家の母親もいわゆる頭痛持ちと言われて育ったようで、稼業が薬局ということもあり、頭痛が起こると鎮痛剤を飲まされていました。

小学校のうちは、月に1度くらいの頻度でしたが、中学生になり生理が始まるころになると、その損度は増すばかりでした。高校生から社会人になっても頭痛は改善されず、私の常備薬は鎮痛剤でした。

いつもの頭痛と違う偏頭痛とは

そのころまで、経験していたものは単なる頭痛だったようです。20歳を超えたあたりから、頭のある部分だけが波打つような激しい痛みに代わっていきました。

それは、おでこ、後頭部、頭の片側だけというように、決まった箇所ではありませんでした。20代のころ、あまりに頭痛が酷く、嘔吐することも多かったので、病院でCTなどの検査も受けましたが、脳には異常はみつかりませんでした。

原因不明の頭づうという診断で痛みどめだけを処方されて帰ってきました。

偏頭痛の要因となるもの

そのうち、自分でも偏頭痛が起こる前触れがわかるようになりました。思春期では、生理の器官中です。人ごみに外出した時の人酔いの状態、雨など気圧の差、お酒を飲んだ時、空気の流通が悪い狭い部屋で数時間過ごした後、といったぐあいでした。

真夏の暑さでも偏頭痛はおきます。パソコンなどの細かい作業で目を酷使した時もおこります。肩コリが酷い時にも、偏頭痛が起きています。

炎天下での運動の後や応援で炎天下にいた時も、直後に起きていました。社会人になってから、仕事で会議の時などの喫煙者のタバコの煙でも起こります。

現在では、事務所の中でも禁煙がとう前ですが、当時は机の上に灰皿があり、仕事中でも男性は喫煙しながらでした。特に冬は、暖房の暖かい空気と煙でしよっちゅう頭痛が起きていました。

対処法

私の経験から、偏頭痛には、市販の頭痛薬は効果がないとわかりました。酷い時、診察してもらった病院で処方された薬は、鎮痛剤ではなく、精神安定剤でした。

これを飲むと、痛みが緩和します。また、光、明るい場所、照明、暑さを避ける、カーテンを占め、部屋を暗くして目やオデコといった波打つような痛みの部分をアイスノンのような冷たいもので冷やすと痛みが和らいで、消えて行きます。

担当医師からの話では、偏頭痛は脳の中の血管の一部が拡張して、周りの脳を刺激して起こる痛みということです。そのため、痛い部分の血管を収縮させれば、痛みは治まるのだそうです。

偏頭痛は、他人に行ってもなかなか信じてもらえないことが多く、頭痛の専門の病院で診察してもらうことが大切です。その人によって合う病院と合わない病院もあるので、合う病院を見つけることも大事なことです。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ