たかが偏頭痛とあなどるなかれ!吐き気を伴う場合には要注意

頭痛の中で、最も有名とされるのが「偏頭痛」ではないでしょうか。偏頭痛の原因は、まだはっきりとは解明されていません。また、メカニズムもまだ解明されていませんが、頭の血管が何らかの理由で炎症を起こし、痛みが発生することがわかっています。

そして、血管の炎症が痛みの原因となっているため、心臓の動きに合わせた拍動性の痛みとなるのです。

意外と知らない偏頭痛の症状とは

多くの人が悩んでいる偏頭痛の症状は人によってさまざまですが、こめかみから目のあたりにかけて、ズキンズキンと拍動性の痛みが現れることが多いようです。

偏頭痛と言っても、頭の片側だけでなく、両側が痛んだり、後頭部に痛みが出ることもあります。
ホルモンの関係で、20~40歳代の女性に多く、偏頭痛が起こる直前にまぶしい光を感じることもあります。

痛みは月に1~2回、多いときには週に3~4回起こることもあり、日常生活に支障をきたすことも多い頭痛として知られています。

偏頭痛のきっかけって何?

偏頭痛が起こるきっかけとしては、ストレスからの解放、人混み、まぶしい光のほか、ワインやチョコレートなどの食品の場合もあると言われています。

また、偏頭痛では、頭痛が起こる前に強い光を感じる、閃輝暗点(せんきあんてん)と呼ばれる前兆があることが多いとされていて、この段階で偏頭痛の薬を服用しておくと、症状をある程度抑えることができます。

ただ、偏頭痛がひどく、寝込んだり吐き気を伴うような場合は、神経内科などの受診をする必要があります。

偏頭痛のメカニズムを知ろう

偏頭痛のメカニズムにはいくつかの説があり、まだ解明されているわけではありませんが、最も有力視されているのは「三叉神経血管説」と言われるものです。

三叉神経は、脳幹から眼、上あご、下あごの3方向に分かれて伸びている神経で、何らかのきっかけでこの三叉神経が刺激されると、その終末からカルシトニン遺伝子関連ペプチドや、サブスタンスPと呼ばれる化学物質が放出されて、これが血管の拡張を起こします。

この拡張に伴ってブラジキニンやプロスタグランジンなどが放出され、頭の血管周囲に炎症が起こるため、頭痛が起こるというわけです。

ガンガン!と突然やってくる偏頭痛から解放されたい方へ

偏頭痛を元から改善する革命的なサプリメント「ずきしらずの実」

ガンガン!と突然やってくる重たい嫌な感じに悩んでいるのはあなただけではありません。すぎしらずの実を使用した90%以上のモニターの方が偏頭痛からくる毎日の憂鬱から解放されています。また、すぎしらずの実を使用した方は「そもそも偏頭痛が来る回数が減った」「来ても以前のような重さを感じない」と体調的な克服を実感しています。
ずきしらずの実』は市販薬とは違い頭痛を一時的に止めるものではなく、偏頭痛が起こる「痛み」の原因をなくすため『体質的な実感』を得ることができます。 また、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので体への負担がなく、安心して続けられます

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ